NEW

【青葉賞(G2)展望】日本ダービー(G1)への険しい道 最後の大物アドミラブルがまた圧勝!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【青葉賞(G2)展望】日本ダービー(G1)への険しい道 最後の大物アドミラブルがまた圧勝!?の画像1

 29日(土)に東京競馬場で行われる青葉賞(G2)は、日本の競馬に係わるすべての関係者が目標としている日本ダービー(G1)への優先出走権が2着までの馬に与えられるトライアルレースである。本番と同じ距離とコースで行われる注目のレースで、夢の大舞台への出走を賭けた白熱のレースが繰り広げられることだろう。そんな青葉賞(G2)への出走を予定している有力馬を紹介する。

 アドミラブル(牡3、栗東・音無厩舎)は圧倒的な力で勝ち上がってきた期待の新星だ。

 新馬戦では9着に敗れてしまったが、これには「ノド鳴り」という病気が影響したようで手術を受けたことで完治。仕切り直しとなった前々走の未勝利戦では中団からレースを進めると、直線で力強く伸びて難なく勝利を上げた。前走ではさらに距離を伸ばし今回と同じ2400mのアザレア賞(500万下)に出走。スタート直後こそ後方を追走していたがスローペースの展開だった為、徐々にポジションを上げて4コーナー前で2番手の位置まで進出、直線で抜け出すと他馬を寄せ付けない完勝と言える内容だった。まだまだ余力がありそうで、本番での皐月賞組とのレースが楽しみだが、ここで優先出走権を獲得することが出来なければそれもかなわない。力の入ったレースになるだろう。

 重賞で好走を続けているマイネルスフェーン(牡3、美浦・手塚厩舎)は今度こそ結果が欲しい。

 昨年末のホープフルS(G2)では、レイデオロから0.2秒差の2着と力のあるところを見せた。年が明けてからも休むことなく京成杯(G3)に出走して3着と好走しているように、出走予定メンバーの中では上位の存在となる。今回は休み明けでのレースとなるが、新馬戦以外のレースでは3着以下になったことが無い堅実なレースをしている馬。ここで大崩れするとは考えにくい。また、東京競馬場は2戦して連対率100%と相性のいいコースとなっているだけに、初の重賞制覇も十分に期待できそうだ。

 ポポカテペトル(牡3、栗東・友道厩舎)は青葉賞(G2)を狙って調整をしてきたようだ。

【青葉賞(G2)展望】日本ダービー(G1)への険しい道 最後の大物アドミラブルがまた圧勝!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!