NEW

天皇賞・春(G1)会見で「火花バチバチ」!? いよいよ迫った『世紀の対決』に武豊騎手も「本当に大一番」ルメール騎手も「今年一番のレース」と太鼓判!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天皇賞・春(G1)会見で「火花バチバチ」!? いよいよ迫った『世紀の対決』に武豊騎手も「本当に大一番」ルメール騎手も「今年一番のレース」と太鼓判!の画像1

 26日、天皇賞・春(G1)における共同会見が行われ、キタサンブラックの主戦・武豊騎手と、サトノダイヤモンドの主戦・C.ルメール騎手が会見に臨んだ。

 現役王者同士の「世紀の対決」と謳われている今年の天皇賞・春。その中心にいるのは昨年の年度代表馬キタサンブラックと、それを年末の有馬記念(G1)で破った新世代の旗手サトノダイヤモンド。お互いがお互いを嫌が応にも強烈に意識せざるを得ない状況で、それぞれの主戦騎手の「発言」に注目が集まった。

「キタサンブラックは一番のライバルですからマークしたいですね」

 そう切り出したのはルメール騎手だ。レースプランについて質問された際、「(昨年の)有馬記念と同じくらい(ポジション)で乗りたいです」とやはり最大のライバルを強く意識しているようだ。

 昨年の有馬記念ではキタサンブラックを意識した早めの競馬。道中これだけ前目に位置取ったのは、スピードの違いで前に行ったデビュー戦以来のことだ。完全にキタサンブラックをマークする形での競馬となったが、結果的に着差がクビ差であったことを考えると、その作戦は「功を奏した」といえるだろう。

 実際にレースは最後の直線入り口で先頭を争っていたサトノダイヤモンド、キタサンブラック、ゴールドアクターの3頭で決着しており、前が止まらない分、後ろの馬の出番は一切なかった。昨年の天皇賞・春でもキタサンブラックとカレンミロティックが同じようなレースを展開しており、ルメール騎手は今回もキタサンブラックを意識した早めの競馬をしたいと考えているようだ。

 ただ、気になる点がある。

天皇賞・春(G1)会見で「火花バチバチ」!? いよいよ迫った『世紀の対決』に武豊騎手も「本当に大一番」ルメール騎手も「今年一番のレース」と太鼓判!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!