NEW

天皇賞・春(G1)会見で「火花バチバチ」!? いよいよ迫った『世紀の対決』に武豊騎手も「本当に大一番」ルメール騎手も「今年一番のレース」と太鼓判!

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・春(G1)会見で「火花バチバチ」!? いよいよ迫った『世紀の対決』に武豊騎手も「本当に大一番」ルメール騎手も「今年一番のレース」と太鼓判!の画像1

 26日、天皇賞・春(G1)における共同会見が行われ、キタサンブラックの主戦・武豊騎手と、サトノダイヤモンドの主戦・C.ルメール騎手が会見に臨んだ。

 現役王者同士の「世紀の対決」と謳われている今年の天皇賞・春。その中心にいるのは昨年の年度代表馬キタサンブラックと、それを年末の有馬記念(G1)で破った新世代の旗手サトノダイヤモンド。お互いがお互いを嫌が応にも強烈に意識せざるを得ない状況で、それぞれの主戦騎手の「発言」に注目が集まった。

「キタサンブラックは一番のライバルですからマークしたいですね」

 そう切り出したのはルメール騎手だ。レースプランについて質問された際、「(昨年の)有馬記念と同じくらい(ポジション)で乗りたいです」とやはり最大のライバルを強く意識しているようだ。

 昨年の有馬記念ではキタサンブラックを意識した早めの競馬。道中これだけ前目に位置取ったのは、スピードの違いで前に行ったデビュー戦以来のことだ。完全にキタサンブラックをマークする形での競馬となったが、結果的に着差がクビ差であったことを考えると、その作戦は「功を奏した」といえるだろう。

 実際にレースは最後の直線入り口で先頭を争っていたサトノダイヤモンド、キタサンブラック、ゴールドアクターの3頭で決着しており、前が止まらない分、後ろの馬の出番は一切なかった。昨年の天皇賞・春でもキタサンブラックとカレンミロティックが同じようなレースを展開しており、ルメール騎手は今回もキタサンブラックを意識した早めの競馬をしたいと考えているようだ。

 ただ、気になる点がある。

天皇賞・春(G1)会見で「火花バチバチ」!? いよいよ迫った『世紀の対決』に武豊騎手も「本当に大一番」ルメール騎手も「今年一番のレース」と太鼓判!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  3. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  4. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  5. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  6. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  7. “反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血
  8. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  9. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  10. 【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは自信の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ち