NEW

武豊の抱える「苦悩」が昨年と同じ!? ダンビュライトが皐月賞激走も「勝てそうで勝てない姿」に漂う昨年エアスピネルの匂い

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊の抱える「苦悩」が昨年と同じ!? ダンビュライトが皐月賞激走も「勝てそうで勝てない姿」に漂う昨年エアスピネルの匂いの画像1

 三連単100万超えと、この春一番の大波乱に終わった皐月賞(G1)。もともと「主役不在」と囁かれていた今年の3歳牡馬クラシック戦線だが、この皐月賞で「最も評価を上げた馬」といえば、12番人気で3着に激走し波乱の主役となったダンビュライト(牡3歳、栗東・音無厩舎)だろう。

 そして、大波乱の立役者としてダンビュライトと共に大きく注目を集めたのが、鞍上・武豊騎手の華麗な手綱さばきだ。

 しかし、このダンビュライトの激走は前人未到の4000勝を誇る天才騎手の想像さえ超えていたようで、後日更新した自身のHPでは「道悪になればと思っていたボクの考えは間違いだった」と相棒の走りに舌を巻いている。

 ただそこには、だからこそ「本当に惜しかった」と、勝ったアルアインからコンマ1秒差の惜敗の悔しさが素直に綴られていた。

 武豊騎手曰く、最後の直線で前を走っていたファンディーナが外に寄れて進路が狭くなったこと、その空いたスペースを勝ち馬に突かれてしまったことが勝負のアヤだったようで「もう一度だけ言わせてください。本当に惜しかったと」と、文面からは悔しさを隠しきれない様子がひしひしと伝わってきた。

 しかしこのダンビュライト、確かに皐月賞の走りは見事という他ない。だが、どこか昨年の「あの馬」に似てきているような気がしないだろうか。

武豊の抱える「苦悩」が昨年と同じ!? ダンビュライトが皐月賞激走も「勝てそうで勝てない姿」に漂う昨年エアスピネルの匂いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!