NEW

天皇賞・春の「珍サイン」に垂涎!? 筧利夫から、そして天皇陛下の”意外なご趣味”から導き出される「超絶大穴馬」が高配当の使者になる?

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・春の「珍サイン」に垂涎!? 筧利夫から、そして天皇陛下の意外なご趣味から導き出される「超絶大穴馬」が高配当の使者になる?の画像1

 30日に京都競馬場で行われる今年の天皇賞・春(G1)は、昨年の年度代表馬キタサンブラックと有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドによる「2強対決」といわれている。

 果たしてどちらが勝つのか。キタサンブラックの主戦・武豊騎手が「大一番」と言い、サトノダイヤモンドの主戦・C.ルメール騎手も「今年最も重要なレース」と話している通り、今後の競馬界を占う重要なレースとなりそうだ。

 ただ、競馬ファンからすれば必見のレースではあるものの、馬券的にはなかなか高配当を狙うのが難しいレースとなってしまった。2強の馬連は土曜日の時点で2.8倍、三連単も上位人気は軒並み100倍以下と、配当的な妙味はあまり望め無さそうではある。

 ただ、例え2強で決まっても、残された「最後のイス」に人気薄が突っ込めば美味しい配当になることは間違いない。そこで今回も天皇賞・春における「サイン」を洗ってみたところ、高配当の使者となり得る驚きの超大穴馬が浮上した。

 サインの王道といえば、やはりプレゼンターに招かれる芸能人や著名人のプロフィールが絡んだものが多く、意外に信頼度も高い。だが、今年の天皇賞・春にはプレゼンターが発表されておらず、その作戦は使えなさそうだ。

 そこで注目したのがプレゼンターではないようだが、ゲストとして招かれている俳優の筧利夫だ。

 筧は1962年8月10日生まれの現在54歳。順当に見れば「8番」のタマモベストプレイと「10番」のアドマイヤデウスが浮上するが、ここは後者に注目したい。何を隠そう筧の所属事務所がスタッフ・テン(10)だからだ。

天皇賞・春の「珍サイン」に垂涎!? 筧利夫から、そして天皇陛下の”意外なご趣味”から導き出される「超絶大穴馬」が高配当の使者になる?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ