NEW

NHKマイルC、大波乱で特大万馬券の可能性…注目すべきは人気急落中の「あの馬」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHKマイルC、大波乱で特大万馬券の可能性...注目すべきは人気急落中の「あの馬」の画像1波乱必至のNHKマイルカップで一攫千金狙い

 みずほ総合研究所が4月13日に発表した「2017年夏季ボーナス予測」によると、今年は昨年比で一人当たりの支給額はほぼ横ばいの+1.1%だが、支給対象者が増えるなど総支給額は+4.5%と高めの伸びで増加傾向にあるという。景気の回復を示しているといえ、めでたいニュースであるかもしれないが、多くの人にとってなかなか好景気との実感がないのが現状ではないだろうか。

 会社によっては「ボーナスは禁句」といわれているところもあるようだ。それどころか、「昨年よりも収入が減った」「物価が上がったことのほうが重大なニュース」という声もよう聞く。やはり、政府や大企業がいう「景気の回復」と、庶民の感覚ではズレがあるようだ。

 かつては、景気が悪いと馬券が売れるという現象があり、日本中央競馬会(JRA)で馬券の売り上げが伸びたのは、バブル崩壊後のことだった。しかし、時を経て今やその傾向も変わったようだ。ここ数年、馬券の売り上げは目覚ましく伸びており、JRAだけでなく地方競馬でも同様の傾向で、まさに何度目かの競馬ブーム到来といった雰囲気である。

 もちろん、主催者サイドの経営努力も大きく、またインターネットの普及も大きく寄与しているが、競馬がレジャーとして社会的地位を確立したといって間違いないだろう。

 好景気の実感がない我々庶民にとっては、ボーナスに期待するのではなく別の手段でそれを穴埋めすることが重要だが、その手段として人気絶頂の競馬はふさわしい。競馬は、ロトやBIG、ナンバーズ、宝くじなどと比較して、自分の実力で的中を手繰り寄せることも、大きな払い戻しを得ることも可能だからだ。

 ただし、初心者のみならずベテランであっても的中を継続させることや、大きな払い戻しを獲得し続けることは、なかなかできない。

 今週末に行われる第22回NHKマイルカップは、過去に973万馬券も飛び出した波乱必至のレースだ。万馬券はもちろん、今年最大級の大波乱が飛び出してもおかしくはない。

 そこで、全国の競馬ファンにオススメしたいのが、競馬界を代表するプロフェッショナル集団として知られ、数々の伝説的的中を成し遂げてきた「WORLD競馬WEB」(以下、ワールド)だ。

NHKマイルC、大波乱で特大万馬券の可能性…注目すべきは人気急落中の「あの馬」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!