NEW

アエロリット横山典弘騎手「頭髪」にファン釘付け!? 見事な騎乗でNHKマイルC勝利

【この記事のキーワード】, ,
アエロリット横山典弘騎手「頭髪」にファン釘付け!? 見事な騎乗でNHKマイルC勝利の画像1

 7日のNHKマイルC(G1)は、2番人気アエロリット(牝3 美浦・菊沢厩舎)がロケットスタートから終始外を回り、最後の直線早め先頭。そのまま後続を寄せ付けず完勝した。

 前走皐月賞から参戦したトラスト、プラチナヴォイス、アウトライアーズはそれぞれ8、11、13着と惨敗。例年皐月賞組が好走することも多いレースだけに、以前より囁かれる「今年の牡馬のレベル」を疑わざるを得ない結果となってしまった。実際、2着にも牝馬のリエノテソーロが食い込んでいる。某有名競馬記者が「皐月賞でレコードを出したこの世代は強い」という主旨の記事を出していたが、やはりタイムだけで世代レベルははかれないようだ。

 桜花賞5着ということで評判が高かった同馬だけにその実力を示した格好だが、スタート後馬の気持ちを優先してレースを進めた横山典弘騎手の手綱さばきは見事だった。一昨年のクラリティスカイに続き、クロフネ産駒での同レース制覇に本人も「本当にうれしい」と喜びを隠さなかった。

 開花したアエロリットのレースぶりは迫力満点だったが、それ以上にファンの注目を集めているのが、横山騎手の「頭髪」のようで……。

「インタビュー時の逆立った横山騎手の頭髪に『おでこ広くないか』『パーマ失敗?』『老けてるなあ』という声が多いです。武豊騎手と1歳しか違いませんから、比較される部分もあるのかもしれません。もともとインタビューなどが嫌いで勝利した時くらいにしか表に出てこない横山騎手だけに、たまに出ると年齢を重ねている風貌に、ということでしょうか」(記者)

 もともと「髪が薄い」というキャラだった横山騎手だが、若干進行していた様子。

 とはいえ、要所での手綱さばきは年齢を経て冴え渡る一方。「ポツン」や「逆ポツン」など時にびっくりな騎乗を見せる天才横山騎手。いろんな意味でやはり競馬界の中心人物の一人ということか。

アエロリット横山典弘騎手「頭髪」にファン釘付け!? 見事な騎乗でNHKマイルC勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール