NEW

競馬版『無限の住人』!? 米最高峰の舞台に立った「独眼竜」馬に熱視線も、意外と多い「隻眼の強豪」

【この記事のキーワード】, ,
amerikakeiba0314.jpgケンタッキーダービー(Sayethより)

 アメリカ競馬界最高峰の3冠レースの初戦であるケンタッキーダービーが開催され、一番人気のオールウェイズドリーミングが2着のルッキンアットリーに2馬身3/4差をつけて優勝した。これでオールウェイズドリーミングはフロリダダービー(G1)に続き、重賞2勝目をあげている。

 一番人気がその期待を裏切らない走りを見せた同レースだが、その影で勝利したオールウェイズドリーミングに匹敵する人気を集めた馬がいる。それが”隻眼馬”のパッチだ。

 パッチの父はベルモント・ステークス優勝馬であるユニオンラグズ。素質馬として期待されていたパッチだったが昨年6月、炎症が原因となり左眼球を摘出することになる。言うまでもなく、競走馬にとって隻眼は大きなハンデだ。だがパッチは、調教などでその影響を微塵も感じさせない走りを見せ、今年2月に出走した初戦を快勝。2カ月後に行われたルイジアナ・ダービー(G2)でも2位という好成績を収め、満を持してケンタッキーダービーへ出走した。結果は14着と惨敗したが、片目を失ってもなお走り続けるパッチの姿は、多くの人の感動を呼んでいる。

 育成中のサラブレッドがトラブルで失明することは珍しいことではない。とくにひと目から離れる放牧中にこのような事故が起こってしまうのだという。またそれは日本でも例外ではなく、過去には片目というハンデを持ちつつも、レースに出走した競走馬たちがいた。

競馬版『無限の住人』!? 米最高峰の舞台に立った「独眼竜」馬に熱視線も、意外と多い「隻眼の強豪」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話