NEW

「18冠ベビー」に熱視線! 天下の超大物馬主「最高募集額」を記録で、全米最強牝馬からついに「本物」登場!?

【この記事のキーワード】

, ,


 主役不在の大混戦といわれた今年の皐月賞(G1)もふたを開けてみれば、結局はサンデーレーシングのワン・スリー。無論、すべてではないものの「本当にいい馬」はセリに出されずにクラブお抱えとなることは、いわば暗黙の了解でもある。

「これまでの兄や姉のなかで最もいいですね。馬体に重厚感があり、バネもある。いい走りをしますよ。デビューは秋頃ですかね。相当な手応えを感じています」

『デイリースポーツ』の取材にそうコメントするのはノーザンファーム早来の木村厩舎長。この時期は毎年景気の良いコメントが飛び交うだけに、そのまま鵜呑みにはできないものの「あのアゼリから、ついに”本物”が出た」という情報は、相当なインパクトがあるようだ。

 1口400万円という我々にはとても手が出せない募集価格でも当然の満口。アメリカ競馬の歴史に名を残した名牝の仔が、来年のクラシックを席巻するのだろうか。

「18冠ベビー」に熱視線! 天下の超大物馬主「最高募集額」を記録で、全米最強牝馬からついに「本物」登場!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!