NEW

ダービーでデムーロに「捨てられた」悲しきペルシアンナイト……新コンビ戸崎圭太騎手とともに「2つの意味」で雪辱に燃える大一番!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
perushiannaito.jpgペルシアンナイト(競馬つらつらより)

 短期間にダブルで苦い経験を味わったこの馬にとって、日本ダービーは大きな意味を持つ一戦になりそうだ。

 クラシック第1弾の皐月賞で4番人気ながら2着、同厩舎のアルアインとタイム差なしの接戦を繰り広げたペルシアンナイト(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)。ゴールまで残り100mの地点では一旦先頭に立ったようにも見えただけに、まさに痛恨の敗戦だった。

 ダービーという晴れ舞台でこの2頭に毎日杯2着のサトノアーサーを加えた3頭出しを予定している池江泰寿調教師。オルフェーヴルやサトノダイヤモンドといった現代競馬を代表する名馬を生んだ名伯楽は、スポーツ報知のサイト上でペルシアンナイトを以下のように評価している。

「中山の2000mよりは合っていると思います。中団からそのやや後ろくらいで脚をためられれば。こちらは母系に中距離以上で活躍する馬が多いので、2400mは心配していません」

 確かに過去のレースぶりを見ても、重賞初制覇だった2走前のアーリントンCのように直線でじっくり加速して末脚を発揮した方がいいタイプ。そういう意味で小回りの中山から直線の長い東京への舞台替わりは良い方に働くはずだ。

 悔しい思いをした皐月賞も、内枠から終始ラチ沿いを走らされる窮屈な立ち回りを強いられた。それでも連対を確保したあたりはさすがといったところだが、本来的には広いコースをのびのび走らせたほうが持ち味は生きるだろう。

 さて、本記事のタイトルにて「2つの意味」という言い回しを使ったが、1つ目は当然ながら「皐月賞の雪辱を晴らす」という意味。そしてもう1つはというと…何を隠そう、ペルシアンナイトの「悲劇的」といってもいい鞍上交代劇が関係している。

 というのも、ここまで3戦でコンビを組み、重賞1勝&G1・2着1回と抜群の相性だったデムーロ騎手が、なんと本番のダービーで別の馬に乗ることになったのだ。

ダービーでデムーロに「捨てられた」悲しきペルシアンナイト……新コンビ戸崎圭太騎手とともに「2つの意味」で雪辱に燃える大一番!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!