NEW

ダービーは武豊騎手も驚くダンビュライトの「大変身」に期待!? 「切れない男」が歴史的変身を遂げたエイシンフラッシュと似た匂い

【この記事のキーワード】, ,
ダービーは武豊騎手も驚くダンビュライトの「大変身」に期待!? 「切れない男」が歴史的変身を遂げたエイシンフラッシュと似た匂いの画像1

 牡馬クラシック第1弾の皐月賞(G1)で、12番人気の低評価を覆して大波乱の立役者となったダンビュライト。「皐月賞3着馬」ということは、額面通りに捉えれば「世代で3番目に強い馬」ということになるはずだが、日本ダービー(G1)を迎えても評価はイマイチ上がってこないようだ。

 高速馬場への対応が不安視されて武豊騎乗にも関わらず、ほぼ無視されていたような皐月賞。ところが好位から今までにない抜群の折り合いを見せると、最後の直線では1番人気のファンディーナへ外から猛チャージ。

 だが、69年ぶりの牝馬勝利という大記録の懸かった紅一点の夢を打ち砕く力走を見せたものの、内をロスなく走ったアルアインとペルシアンナイトに屈してしまった。

 ダンビュライトにすれば、本命馬を下しながらも出し抜かれたような敗戦。勝ち馬からコンマ1秒差は、昨年の3着サトノダイヤモンドと同じはずだが、向こうはダービーで2番人気に支持されたものの、こちらは『netkeiba.com』の予想によると8番人気に留まっている。

 人気で競馬が決まるわけではないが、ダンビュライトからすれば不本意なものだろう。ネット上で散見される主な理由は、まず勝ち切れないこと(だから単勝が売れない)。そして、「東京の高速上がり勝負に対応できない」と指摘されていることが大きいようだ。

 確かに、昨年の日本ダービーの上がり3ハロン最速はリオンディーズの33.2秒。勝ったマカヒキと3着のディーマジェスティが第2位タイの33.3秒。2着のサトノダイヤモンドが33.4秒で第3位と、全体的に非常に上がりの速いレースとなっている。

 それに引き換え、ダンビュライトはここまで絵に描いたような”鈍足キャラ”だ。キャリア6戦で上がり最速を記録したのは、不良馬場で行われたデビュー戦の37.2秒で完全に参考外。単純に最も速いタイムも稍重のサウジアラビアRC(G3)で記録した34.2秒と、昨年のダービーの最速より1秒も遅い。

ダービーは武豊騎手も驚くダンビュライトの「大変身」に期待!? 「切れない男」が歴史的変身を遂げたエイシンフラッシュと似た匂いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール