NEW

日本ダービー(G1)サトノアーサーは池江厩舎勢ダービー3頭の中でも「別格」!? 皐月賞1、2着馬を「コテンパン」にする底知れない潜在能力

【この記事のキーワード】

, ,

日本ダービー(G1)サトノアーサーは池江厩舎勢ダービー3頭の中でも「別格」!? 皐月賞1、2着馬を「コテンパン」にする底知れない潜在能力の画像1

 近年はサトノダイヤモンド、サトノラーゼン、トーセンホマレボシ、オルフェーヴルなど毎年のようにダービー好走馬を輩出し続ける池江泰寿調教師。今年も皐月賞で華麗なワンツーを決めたアルアイン、ペルシアンナイトが世代NO.1の称号目指して順調にスタンバイしており、2011年以来2度目のダービー制覇へ期待は高まるばかりだ。

 だが、すでに世代トップクラスの実力を証明している2頭以外にも、彼が密かに期待を寄せている「影の逸材」がいる。それこそが、毎日杯2着から異色の直行ローテで臨むサトノアーサー(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 名伯楽が実績十分の僚馬を差し置いて高い評価を与える真の理由は、デイリースポーツのサイト上に記されたコメントからはっきり伝わってくる。

「3頭のなかで一番舞台適性があるし、一番能力も高い。調教では、アルアインもペルシアンも、アーサーにこてんぱんにやられていますから。まあ、それは調教の話であって、競馬にはいろんな要素がありますけどね」

 過去の調教履歴を確認すると、確かにサトノアーサーは併せ馬の形を取った追い切りで2頭に楽々先着した経験がある。池江師が「こてんぱんに」という特筆すべき表現を使うのもうなずけるところだ。

 もちろん、調教で抜群の動きを見せていても、本番でその潜在能力を100%発揮できるかどうかはまた別の話。追い切りの時計がいかに素晴らしくとも、競馬場に行くと意外と勝ち切れない馬は少なくない。彼もコメントの中で「調教の話であって」と断りを入れているように、実際のレースにそのまま直結するとは限らないのだ。

 その証拠といってはなんだが、昨年10月のデビュー後全4戦の実績は、お世辞にも超一流馬のそれとは言いがたい。新馬戦は現在500万下クラスの相手に辛くも同着。2戦目のシクラメン賞こそ2着にコンマ6秒差をつける圧勝を収めたものの、続くきさらぎ賞→毎日杯はどちらも追い込んで届かずという歯がゆい結果に終わっている。果たして池江師の広げた大風呂敷をどこまで信じていいものか…馬券を買う側からすれば判断に迷うところではある。

日本ダービー(G1)サトノアーサーは池江厩舎勢ダービー3頭の中でも「別格」!? 皐月賞1、2着馬を「コテンパン」にする底知れない潜在能力のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!