NEW

日本ダービー、万馬券が出る可能性濃厚?アルアインの2冠達成は?新聞に載らない裏情報

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ダービー、万馬券が出る可能性濃厚?アルアインの2冠達成は?新聞に載らない裏情報の画像1日本ダービーに出走する穴馬とは?

 いよいよ春競馬の大一番、第84回東京優駿(日本ダービー)まで数日と迫った。史上8頭目の三冠馬を目指す皐月賞馬アルアインを筆頭に、ソウルスターリングに続く2週連続G1制覇を狙う藤沢厩舎のレイデオロ、そして武豊騎手が騎乗するダンビュライト、青葉賞を快勝したアドミラブル、さらにカデナ、ウインブライト、スワーヴリチャードといった重賞ウィナーも揃い、豪華な顔ぶれとなった。

 皐月賞・日本ダービー・菊花賞の3レースを制した馬にのみ与えられる「三冠馬」の称号。今年その権利を持つのは、アルアインのみ。その父であるディープインパクトは2005年のダービー馬で、史上6頭目の三冠馬だった。

 三冠馬は日本競馬史のなかでも7頭しか誕生していない。無敗で三冠を達成したディープインパクトとシンボリルドルフ、レース名にもなっているシンザンとセントライト、圧倒的な強さで勝利したナリタブライアン、後に2年連続で凱旋門賞2着の実績を残したオルフェーヴル、個性的な三冠馬として人気を博したミスターシービーの7頭だ。

 最後の三冠馬は、東日本大震災が起きた11年のオルフェーヴル。また、皐月賞と日本ダービーを制した二冠馬は、15年のドゥラメンテが最後。アルアインが、まずは二冠を達成するのか、その答えを知っているのはごくわずかな関係者だけだろう。

日本ダービー、万馬券が出る可能性濃厚?アルアインの2冠達成は?新聞に載らない裏情報の画像2唯一、三冠馬挑戦の権利を持つアルアイン

 それもそのはず、出走馬にかかわる関係者の人生を左右する日本ダービーは、テレビや新聞など、さまざまなメディアで情報やインタビューが流れているが、そのほとんどが表面的な”お付き合いトーク”でしかない。

 たとえば、5月21日の優駿牝馬(オークス)で、戸崎圭太騎手が騎乗したフローレスマジックはデビュー以来一度も試したことがない「逃げ」の戦法を取った。しかし、このフローレスマジックの逃げを事前に告知していたマスコミは見当たらず、会員馬主クラブの所有馬にもかかわらず、その会員にも伝わっていなかったのだ。

 このことからもわかるように、本当の狙いや思惑、結果につながる重要な作戦や乗り方は、一般的に表には出ないと考えていいだろう。もちろん、それは日本ダービーのほうがより強烈なものとなる。オークスと比較しても日本ダービーの影響力はさらに大きく、勝てば関係者の人生は一変するからだ。

 そのため、日本ダービーのような大きなレースになればなるほど、より内部関係者と情報に精通した信頼のある人間の存在が不可欠。しかし、残念ながら既存のマスコミはこの立場には当てはまらない。マスコミがニュースにすればするほど、関係者の立場は不利になっていくからだ。

 そんななか、ごくわずかだが、そういった特別な情報を入手できる立場の人間がいる。それが万馬券的中集団「暴露王」と提携する凄腕トラックマン(新聞記者)たちだ。

日本ダービー、万馬券が出る可能性濃厚?アルアインの2冠達成は?新聞に載らない裏情報のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!