NEW

武豊のダービー「1枠1番」は逆に邪魔!? ダービー馬キズナ以来の最内枠ゲットで史上最多6勝目に「天啓」も、思い出したい23年前の神騎乗

【この記事のキーワード】, ,

武豊のダービー「1枠1番」は逆に邪魔!? ダービー馬キズナ以来の最内枠ゲットで史上最多6勝目に「天啓」も、思い出したい23年前の神騎乗の画像2

 上記は武豊騎手の1枠での日本ダービーの成績だが、[2.1.1.2]は「与えられたチャンスを確実にモノにしている」といえるだろう。特に3番人気以内に支持された際の安定感は抜群だ。

 だが、その反面、伏兵扱いだった2頭では馬券圏内を外しており、今年伏兵の1頭に見られているダンビュライトにとっては気になるデータだ。

 そして、もう1つ気になる重要な要素がある。武豊騎手の騎乗ぶりだ。

 2勝したキズナとアドマイヤベガのダービーで、武豊騎手は最後の直線で大外から追い込み、全馬を抜き去るという豪快な勝ち方を決めている。見た目のインパクトも抜群の素晴らしい騎乗で、馬の能力はもちろん、騎手の肝が据わってなければ到底真似できる競馬ではないだろう。まさに、武豊騎手らしい勝ち方といえる。

 しかし、逆に述べれば「1枠」の優位性をまったく活かせていない騎乗ともいえる。最後に大外に出すのなら、むしろ外枠の方がもっと楽に勝っていたかもしれない、むしろ邪魔だったのではないかともいえるのだ。

 無論、脚質的な問題はある。だが、実は2着だったエアシャカールも、3着だったナリタタイシンも最後の直線では外目に持ち出されており、せっかく引いた「1枠」の優位性がほぼ活かされているようには見えない競馬ぶりなのだ……。

 そんな武豊騎手に思い出していただきたいのが、5番人気で4着に敗れたフジノマッケンオーの競馬だ。

武豊のダービー「1枠1番」は逆に邪魔!? ダービー馬キズナ以来の最内枠ゲットで史上最多6勝目に「天啓」も、思い出したい23年前の神騎乗のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール