NEW

武豊のダービー「1枠1番」は逆に邪魔!? ダービー馬キズナ以来の最内枠ゲットで史上最多6勝目に「天啓」も、思い出したい23年前の神騎乗

【この記事のキーワード】, ,

 古馬になってからマイルCS(G1)で3着したように、元から2400mに不安のあったフジノマッケンオー。そこで武豊騎手は、距離ロスを少しでもなくすため1枠の利を最大限に活かすインベタの競馬を試みている。

 中盤までの道中は14、5番手の後方で”死んだふり”。そこからコーナーを回るたびにインベタでスルスルとポジションを上げ、なんと最後の直線の入り口では先頭に立っている。

 ほぼロスのない完璧な競馬だったが、相手が悪すぎた。一瞬先頭に立ったのも束の間、フジノマッケンオーの走りとはまったく対照的な大外を回って、ナリタブライアンが豪快に突き抜けた。フジノマッケンオーも内で必死に抵抗したが、最後は脚が上がって4着。

 ただ、武豊騎手の「神騎乗」がなければ、4着も厳しかっただろう。

 今年のダンビュライトに2400mに対する不安はないが、脚質や世代間の立ち位置はフジノマッケンオーの頃に近い。おそらく”先輩”と同じ単勝23倍程度で、つまり「1枠」の優位性を活かした競馬をしなければ、勝つのは厳しい力関係ということだ。

 今から23年前、武豊騎手が5つ勝つはずの日本ダービーをまだ1つも手にしていない頃の話だが、果たして「神騎乗」の再現なるだろうか。

 もし再現できれば、今度は4着ではなく6度目の戴冠も見えてくるはずだ。何故なら距離に不安のないダンビュライトは、あの時のフジノマッケンオーとは違い、おそらく最後まで止まらないからである。

武豊のダービー「1枠1番」は逆に邪魔!? ダービー馬キズナ以来の最内枠ゲットで史上最多6勝目に「天啓」も、思い出したい23年前の神騎乗のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待