NEW

武豊ダンビュライトは3番手まで!? オタク界の競馬女王・桃井はるこがダービーで狙うはあの「ハイレベルレース」だ!

【この記事のキーワード】, ,
武豊ダンビュライトは3番手まで!? オタク界の競馬女王・桃井はるこがダービーで狙うはあの「ハイレベルレース」だ!の画像2

――アドミラブルが制した青葉賞(G2)の2着馬ですが……、はっきり言って意外なチョイスですね。

桃井:確かに過去に青葉賞を制したフェノーメノ、ウインバリアシオン、アドマイヤメインなどの名馬もダービーで勝つことはできませんでした。その青葉賞でベストアプローチはアドミラブルの後塵を拝しているので、疑問を抱く方も多いと思います。

 ですが、青葉賞はダービーと同じコース、同じ距離で行われ、アドミラブルは2:23.6秒でレコード勝ちを収め、2着だったベストアプローチは2:24.0秒を記録。このベストアプローチの時計は去年のダービーを制したマカヒキと同じなんです!

 私はこの青葉賞のビデオを擦り切れるほど見たんですが、同レースは2着までにダービーへの優先出走権がもらえるためか、ベストアプローチは完全に権利狙いで後々負担にならないように気を配る、非常に味のある競馬をしていたと感じました。それにもかかわらず、マカヒキと同じ時計を出しているんですから、これはすごいことだと思いますよ。

 そして先週はオークス(G1)があり、ソウルスターリングが勝利したじゃないですか。同馬の父はフランケルですが、父父はガリレオ。そしてベストアプローチの父はニューアプローチでその父はガリレオ! 2週連続で、父父にガリレオを持つ馬が重賞を荒らすのではないかと!

 過去のレースを見ていると、日本ではあまり注目されていない海外種牡馬を父に持つ馬が上位に食い込んでいるんですよ。去年はディープインパクト産駒が上位陣を独占しましたけど、たとえばキズナが勝った13年にはビッグブラウンを父に持つアポロソニックが3着に入り、ドゥラメンテが制した15年に3着だったサトノクラウンの父はマルジュでしたからね。

――ベストアプローチの馬券内は十分に有り得そうな気がしてきました。確かに青葉賞は稀に見るほどハイレベルでしたが、なぜ青葉賞を制したアドミラブルではなく、ベストアプローチを推されるのでしょうか?

桃井:その2頭はどちらを推すか本当に悩んだんです。アドミラブルに騎乗するのはデムーロ騎手ですが、皐月賞で2着のペルシアンナイトに乗れたにもかかわらず、こちらを選んでいますから……。でも、私はどの馬を応援するのか迷ったら、人気がない方を推したいんですよ。だから、あえてのベストアプローチ推しです!!

 もちろん、アドミラブルが上位に来ないといっているわけではないです(笑)。それに先日、自分でデータを集めて作った競馬ノートを広げながらダービーの展開を考えていたとき、腕に黄色い星のついたてんとう虫が止まってたんですよ! てんとう虫といえば、デムーロ騎手のラッキーアイテム!! 『これはM.デムーロ騎手が来る』というお告げではないかと思っていますから!!

――今年のダービーでは、トライアルの青葉賞で優先出走権を得た馬たちがカギを握ると目されているわけですね。それら2頭以外ではどの馬が上位に来ると思いますか?

武豊ダンビュライトは3番手まで!? オタク界の競馬女王・桃井はるこがダービーで狙うはあの「ハイレベルレース」だ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか