NEW

ダービー・アドミラブルの評価下落!? 馬券天才アイドル・楠原安里梨が見定めた「爆穴」に驚愕!

【この記事のキーワード】, ,
ダービー・アドミラブルの評価下落!? 馬券天才アイドル・楠原安里梨が見定めた「爆穴」に驚愕!の画像1

「ええ~っ!? 本当にどうしたらいいのかわかんない!!」

 小社の一角にある会議室で悲鳴をあげたのは、”かわいすぎる競馬アイドル”として一部で話題沸騰中の楠原安里梨さん。ダービーを目前に控えたこの日、編集部では彼女をお呼びしていつも通りに取材を進めていたのだが、その最中にトンデモナイことが……。競馬予想師の孫にして、”レースで勝ちそうな馬が輝いて見える”との名言を残し、今年も抜群の的中率を誇る彼女はなにが原因で叫んでしまったのだろうか? その一部始終をダービーの予想とともにお届け!

――今日はわざわざお越しいただきありがとうございます。最近、楠原さんは競馬関連のお仕事が増えているようですね。

楠原安里梨(以下、楠原):そうなんですよ!! 25日発売の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)さんにも取材していただき、そちらでも私の予想を公開しています。ぜひ、見てください。

 あと、馬券配当を番組内の仮想通貨に換算して予想対決を行う『ウマバラ』というネット番組にレギュラー出演しているんですが、その番組内企画『第2弾 ウマバラガールズ予想対決!in川崎競馬場』に出演させて頂きました。当日は各出演者が持っていた仮想通貨に加えて、その日の7R・9R・11Rも予想対決を行い、最終的な勝者を決めたんです。私は当日に一度、1位になったんですけど、最後の最後で”ギャンブラー魂”を発揮してしまい、大穴にかけたところ、逆転されてしまいました(苦笑)。次があったら負けたくないですね!!

――大好きな競馬のお仕事が増えてなによりです。その勢いで日本ダービーも的中させてもらいたいのですが、今回の推し馬を教えてもらえますか?

楠原:今回のダービーは史上に残る大混戦じゃないですか。去年は5強の戦いだったので、単勝に”ぶち込んだ”んですけど、今年はそうはいかないですね。

 でも、基本的にダービーは固いレースだと思っています。昨日朝の4時まで悩みぬいた結果、アドミラブルが一番いいと考えています。これまでのレースでは長距離も苦にしない走りを見せていますし、騎乗するのはリーディング争いをしているデムーロ騎手! 前走の青葉賞(G2)の走りもスゴイのひとことでした。このレースはダービーへのステップレースですが、優勝した馬はこれまでダービーを制したことがないんですよね。ぜひ、それを覆してもらいたい!!

――まずはド本命ですね。本気で当てにいっている感が伝わってきます。では、続いて対抗馬をお願いします。

楠原:それなんですよねぇ。アルアイン、クリンチャー、ダンビュライト、ダイワキャグニー、どの馬がいいのか本当に悩んでいるんですよ。あと、ペルシアンナイトも上位を狙える存在だと思いますけど……。難しいなぁ。でも、アドミラブルが本命だとするとやっぱり……。

――あれ、ちょっと待ってください。今、ちょうどJRAから枠順が発表されました。

ダービー・アドミラブルの評価下落!? 馬券天才アイドル・楠原安里梨が見定めた「爆穴」に驚愕!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか