NEW

ダービー(G1)で松坂桃李ら4人よりも重要な「サイン」!? 「競馬の祭典」だからこその「国歌独唱」で驚愕の三連単2点勝負!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダービー(G1)で松坂桃李ら4人よりも重要な「サイン」!? 「競馬の祭典」だからこその「国歌独唱」で驚愕の三連単2点勝負!?の画像1

 いよいよ今年も日本ダービー(G1)がやってきたが、今年は例年にないほどの大混戦となっているようだ。馬券投票開始すぐに1枠1番の絶好枠を引き当てたダンビュライトに大量投資が入るなど派手なスタートを切ったかと思えば、その後は沈黙……。

 結局、前日の1番人気は青葉賞(G2)をレコード勝ちしたアドミラブルに落ち着いたが、大外枠を引いた影響か、単勝4.4倍と如何にも危険なオッズとなっている。昨年は皐月賞(G1)の上位5頭が、そのまま掲示板を独占する力通りの結果となったが、すでにその皐月賞から波乱が起こっている今年は「完全に不透明」な状況と述べてよいだろう。

 ならばこそ運を味方につける「サイン馬券」の出番ではないだろうか。ダービーで大事なのは馬も人も「運」である。

 今年の日本ダービーは、プレゼンターがCMでお馴染みの松坂桃李、柳楽優弥、高畑充希、土屋太鳳の4人が全員集合することで話題となっている。ならばサイン的にもこの4人は見逃せない存在だが、いかんせん4人となるとパーソナルなデータでは的が絞りづらい。

 そこで4人の共通項に注目すると、浮上するのが「NHK」だ。

 調べたところ4人は全員「大河ドラマ」と「朝の連続テレビ小説」というNHKが誇る2枚看板に出演経験があり、NHKとは非常に縁が深い。となると必然的にNHKマイルC(G1)組が注目されるわけだが、該当するのは土曜現在で13番人気のトラストと17番人気のジョーストリクトリ、そして16番人気のキョウヘイだ。

 仮にもし、この3頭で決着すれば歴史に残る大波乱どころか、G1の史上最高配当を記録することになるだろう。だが、これで「NHKマイルC組で決まり!」といったところで、来る来ないは別にしても、読者から鼻で笑われるのがオチか。逆に馬鹿にするなと怒られそうだ。

 ならば視点を変えて、ダービーならではの「国歌独唱」に注目してみる。

ダービー(G1)で松坂桃李ら4人よりも重要な「サイン」!? 「競馬の祭典」だからこその「国歌独唱」で驚愕の三連単2点勝負!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!