NEW

ダービー(G1)で松坂桃李ら4人よりも重要な「サイン」!? 「競馬の祭典」だからこその「国歌独唱」で驚愕の三連単2点勝負!?

【この記事のキーワード】, ,
ダービー(G1)で松坂桃李ら4人よりも重要な「サイン」!? 「競馬の祭典」だからこその「国歌独唱」で驚愕の三連単2点勝負!?の画像1

 いよいよ今年も日本ダービー(G1)がやってきたが、今年は例年にないほどの大混戦となっているようだ。馬券投票開始すぐに1枠1番の絶好枠を引き当てたダンビュライトに大量投資が入るなど派手なスタートを切ったかと思えば、その後は沈黙……。

 結局、前日の1番人気は青葉賞(G2)をレコード勝ちしたアドミラブルに落ち着いたが、大外枠を引いた影響か、単勝4.4倍と如何にも危険なオッズとなっている。昨年は皐月賞(G1)の上位5頭が、そのまま掲示板を独占する力通りの結果となったが、すでにその皐月賞から波乱が起こっている今年は「完全に不透明」な状況と述べてよいだろう。

 ならばこそ運を味方につける「サイン馬券」の出番ではないだろうか。ダービーで大事なのは馬も人も「運」である。

 今年の日本ダービーは、プレゼンターがCMでお馴染みの松坂桃李、柳楽優弥、高畑充希、土屋太鳳の4人が全員集合することで話題となっている。ならばサイン的にもこの4人は見逃せない存在だが、いかんせん4人となるとパーソナルなデータでは的が絞りづらい。

 そこで4人の共通項に注目すると、浮上するのが「NHK」だ。

 調べたところ4人は全員「大河ドラマ」と「朝の連続テレビ小説」というNHKが誇る2枚看板に出演経験があり、NHKとは非常に縁が深い。となると必然的にNHKマイルC(G1)組が注目されるわけだが、該当するのは土曜現在で13番人気のトラストと17番人気のジョーストリクトリ、そして16番人気のキョウヘイだ。

 仮にもし、この3頭で決着すれば歴史に残る大波乱どころか、G1の史上最高配当を記録することになるだろう。だが、これで「NHKマイルC組で決まり!」といったところで、来る来ないは別にしても、読者から鼻で笑われるのがオチか。逆に馬鹿にするなと怒られそうだ。

 ならば視点を変えて、ダービーならではの「国歌独唱」に注目してみる。

ダービー(G1)で松坂桃李ら4人よりも重要な「サイン」!? 「競馬の祭典」だからこその「国歌独唱」で驚愕の三連単2点勝負!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと