NEW

【日本ダービー(G1)回顧】C.ルメール騎手の3週連続G1制覇でレイデオロが世代の頂点に!GJ「サイン馬券」が大的中!


 レイデオロ先頭のまま残り100mを切って、ようやく外からアドミラブルが追い込んできたが逃げ粘るマイスタイルを交わすのが精一杯。そのままレイデオロが先頭でゴールに飛び込み、C.ルメール騎手が3度目の挑戦でついに日本ダービーの栄冠を手にした。

「異なる国でダービージョッキーになれてすごくうれしい」

 フランスでのダービー制覇に続いて”第二の祖国”日本でのダービー制覇を成し遂げたルメール騎手。JRA騎手となった時から、最も勝ちたいレースに日本ダービーを挙げていたこともあって、ゴール後はいつになく激しいガッツポーズと雄叫びで喜びを爆発。ハナ差で敗れた昨年の日本ダービーの借りを返した格好だ。

「すごくリラックスしていたから、問題なく息も入った。2番手で直線の反応もよかった。ファンの歓声がすごく楽しめた。ラスト100mで勝ったと思った」

 藤沢和雄調教師とルメ-ル騎手とのコンビは、先週のオークスに続くG1連覇。ルメール騎手に至っては3週連続G1制覇と勢いが止まらない。シンボリクリスエス、ゼンノロブロイで2度2着の経験がある藤沢調教師が開業29年目でついに悲願を達成した。

 2着には最後まで勝ち馬に食い下がったスワーヴリチャード。得意の左回りに替わって本領を発揮したものの3/4馬身及ばなかった。最後の最後でマイスタイルを捉え、1番人気の意地を見せたアドミラブルだったが、前が止まらない展開で3着が精一杯だった。

「すごく、すごくうれしいです。今回はいっぱい自信があった」

 年明け初戦が皐月賞という異例のローテーションで世代の頂点に立ったレイデオロ。3歳秋で天皇賞を勝ったこともある藤沢調教師だけに、この秋はどこを目指すことになるのか、今から目が離せない。

 ルメール騎手は最終レース目黒記念(G2)もフェイムゲームで勝利。ルメール様様の1日だった。

【日本ダービー(G1)回顧】C.ルメール騎手の3週連続G1制覇でレイデオロが世代の頂点に!GJ「サイン馬券」が大的中!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!