NEW

日本ダービーの向正面で「何」があったのか 「動いたルメール」と「動けなかったデムーロ」後手を踏んだ1番人気に”トドメ”を刺した「怨念」?

【この記事のキーワード】, ,

 スローペースにいち早く気付き、距離をロスしない向正面の内に、積極的にポジションを上げていったルメール騎手。競馬では道中で大きく動くことは基本的にリスクが高いのがセオリーだが、高いリスクを背負う分、見返りがあった場合のリターンもまた大きい。

 スローペースを味方につけた馬に2番手から上がり33.8秒でまとめられては、後方勢は出番なし。レイデオロはあっさりと馬群から抜け出し、世代の頂点に立った。

 冴えわたる判断が光ったルメール騎手は、これで3週連続G1制覇と絶好調。対して、道中で動けなかったデムーロ騎手のアドミラブルは、後方から脚を伸ばしたものの3着が精一杯。結果的にも内容的にも褒められたものではなく、同じ外国人JRA騎手であり、最大のライバルでもあるルメール騎手とは、あまりに対照的な結果となった。

 だが、実はデムーロ騎手は動かなかったわけではなく、動けなかったようだ。

「向こう正面で(ルメールと)一緒に動きたかったけど……」大外枠のスタートだったこともあって、最初の1、2コーナーを曲がり終えた時点で後方からの競馬を強いられたアドミラブル。だが、そのすぐ前にはルメール騎手が跨るレイデオロの姿があった。向こうも6枠12番と、真ん中よりも外目からのスタートだったのだ。

 したがって向正面でレイデオロが動いたのは当然、デムーロ騎手にも見えていた。直後にいたため”丸見え”だったと述べても良いほどに。

 幸い、大外枠スタートだったアドミラブルのさらに外を走る馬などいるはずもなく、いつでも動けるポジション。実際に前走の青葉賞では後方から早めに先団を捉える競馬を試みており、デムーロ騎手の「一緒に動きたかった」という言葉通りに「あの時」即座についていっていれば、今年のダービーの結果は変わっていたかもしれない。

 だが、デムーロ騎手は動けなかった。そこには2つの問題があった。

日本ダービーの向正面で「何」があったのか 「動いたルメール」と「動けなかったデムーロ」後手を踏んだ1番人気に”トドメ”を刺した「怨念」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!