NEW

日本ダービーの向正面で「何」があったのか 「動いたルメール」と「動けなかったデムーロ」後手を踏んだ1番人気に”トドメ”を刺した「怨念」?

【この記事のキーワード】, ,

 述べるまでもなく、ペルシアンナイトは皐月賞でデムーロ騎手が騎乗していた馬だ。それも2着という「結果」を残しながら、デムーロ騎手はアドミラブルを選択。無論、勝つためにより強い馬に乗ることは勝負事で当然。誰もデムーロ騎手の判断を責めることはできない。

 だが、結果的にペルシアンナイトに先んじられたアドミラブルは出鼻をくじかれ、動くに動けなくなったまま、絶望的な位置からの競馬を強いられたのだ。

「ついてない……外枠で、ペースがめっちゃ遅かった。向正面で分かっていて(ルメールと)一緒に行きたかったが、ペルシアンナイトも行くと、外の外を回ってしまうので……。やっぱり直線も外にどんどんなって、よくなかった。残念です」

 この言葉通り、確かにこの日のデムーロ騎手はついてなかった。だが、古来より日本ダービーは「運のよい馬」が勝つレースだ。騎手として、よりチャンスのある馬を選択したのは間違ってなかったかもしれない。だが、あくまで結果的にだが、ペルシアンナイトにつけた”ツケ”を支払わされるはめになってしまった。

 そんなことを思うのは、昨年の日本ダービーもまた、結果的にマカヒキを捨ててサトノダイヤモンドに騎乗したルメール騎手が手痛い”しっぺ返し”を食らったのを思い出したからだ。

 日本ダービーは1984年のグレード制導入以降、G1で唯一、乗り替わった馬が勝ったことがないレース。そこには「限りなく人馬一体でなければ、ダービーを勝つことはできない」という意味があるといわれている。

 その真偽はともかくとして、ならばこそ皐月賞2着馬ながらジンクス的にダービー制覇の目を失ったペルシアンナイトが支払わされた”ツケ”は、ことのほか大きかったのかもしれない。

日本ダービーの向正面で「何」があったのか 「動いたルメール」と「動けなかったデムーロ」後手を踏んだ1番人気に”トドメ”を刺した「怨念」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇