NEW

JRAが安田記念(G1)大改革も関係者は無関心!? スターホースの国外流出を懸念しながらも、積極的に海外競馬との提携を図る「狙い」とは

【この記事のキーワード】, ,
JRAが安田記念(G1)大改革も関係者は無関心!? スターホースの国外流出を懸念しながらも、積極的に海外競馬との提携を図る「狙い」とはの画像1

 30日、JRAの公式ホームページで今週末に控える安田記念(G1)、およびヴィクトリアマイルで1~3着となった馬を対象に、フランスのドーヴィル競馬場で行われるジャックルマロワ賞(G1)への優先出走権が与えられることが発表された。

 日本競馬におけるジャックルマロワ賞といえば、なんといっても1998年のタイキシャトルの勝利だろう。当時、日本競馬史上最強マイラーといわれたタイキシャトルの欧州挑戦は大きな話題を呼び、歴史的な勝利を上げたことで当レースの知名度は飛躍的に増した。

 以後、2003年にはテレグノシスとローエングリンが参戦するなど、欧州競馬の中でも数少ない日本に広く知られているレースだ。他にも1986年にギャロップダイナが日本馬として初挑戦している。

 そんなジャックルマロワ賞の優先出走権が、安田記念やヴィクトリアマイルで馬券圏内に入ることで与えられる。確かにJRAとフランスギャロによる画期的な改革といえるが、実際のところ、どの程度の影響があるのだろうか。

「率直に述べて、すぐに大きな影響が出るということはないでしょうね。安田記念が今週末に迫った何とも微妙な時期での発表ですが、いくら優先出走権と登録料が免除されるとはいえ、喜んでいる陣営は今年の安田記念の出走メンバーの中にはいないでしょう。それどころか、すでに終わっているヴィクトリアマイルの1着から3着馬の陣営からすれば寝耳に水ですよ。

JRAが安田記念(G1)大改革も関係者は無関心!? スターホースの国外流出を懸念しながらも、積極的に海外競馬との提携を図る「狙い」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とは
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  5. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  6. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  7. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? 「矛盾」するJRA賞結果にファンの非難殺到…戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  9. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  10. JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるか