NEW

安田記念(G1)アンビシャスは待望の距離短縮ながら他馬の動向次第で「まさかの惨敗」も?陣営側の心配事は今年のマイル重賞に共通する……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安田記念(G1)アンビシャスは待望の距離短縮ながら他馬の動向次第で「まさかの惨敗」も?陣営側の心配事は今年のマイル重賞に共通する......の画像1アンビシャス「競馬つらつら」より

 未完の大器がついにその真価を発揮するのか、それとも……。

 大阪杯で連覇を期待されながら、上がり最速の末脚もむなしく5着に敗れたアンビシャス(牡5、栗東音無秀孝厩舎)。ずいぶん前からファンの間でマイルへの路線変更が叫ばれていたのだが、ついにその願いが天に届いたようだ。

 昨年と同じく宝塚記念へ向かうローテーションも選択肢としてあったと思われるが、陣営は安田記念(G1)への出走を決断。インターネットやSNS上でも「ついにマイルを使ってくれたか」「やっとホントのアンビシャスが見られるかも」と期待混じりのコメントが見受けられた。

 多くのファンが距離短縮を臨むのも、過去の競馬ぶりを思い返せば当然だろう。直近の勝利戦である昨年の大阪杯を含め、大抵のレースで掛かり気味にハミを噛む様子が見て取れるからだ。2000m戦にしてはかなりのハイペースになった前走の大阪杯ですら、序盤からハミを咥えこんで鞍上の福永騎手が終始手綱を抑え気味の追走。直線でまずまずの脚を使っているとはいえ、スムーズに流れに乗れれば結果は違ったかもしれない。

 ちなみに、マイル出走は2歳時の千両賞(500万下)以来3度目。当時すでに2歳戦らしいスローの流れに戸惑って気性面の危うさを覗かせているが、結果的には勝利している。少なくともマイルをこなせる潜在的な距離適性はあると判断してもいいだろう。

 しかし、管理する陣営に言わせれば、気性がマイル向きといっても不安がないわけではないようだ。net.競馬が報じたところによると、アンビシャスを担当している蛭田助手は以下のような心配事を語っている。

「今年のマイル路線の競馬を見ると、ほとんどがスローの我慢比べみたいな競馬になっているじゃないですか。あれを見ると、本番でもそうなってしまうんじゃないかと思ってしまうんですよね」

安田記念(G1)アンビシャスは待望の距離短縮ながら他馬の動向次第で「まさかの惨敗」も?陣営側の心配事は今年のマイル重賞に共通する……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!