NEW

【阪神】アノ頃を彷彿させるチーム状況にファン歓喜! 11年ぶり交流戦開幕連勝と勢いに乗る金本阪神2年目シーズンVの可能性は?

【この記事のキーワード】

, ,


 2003年に関しては、4月末時点で首位通過と開幕ダッシュに成功。そのまま一度も2位に落ちることなく優勝を果たした。

 8月の長期ロードで失速しやすい傾向にある阪神にとって、開幕ダッシュを決めることが非常に有効であることは間違いない。過去の傾向からみても5月末時点で「2位以上を確保」できるか否かは非常に重要なのだ。

 さらに前回優勝時5月終了時点の通算勝敗数(28勝22敗2分)と、今年の通算勝敗数が酷似しているという点も心強い。交流戦を全体3位で乗りきると、6月中旬に首位を奪回してから独走状態を作り出した2005年の再来を期待する気持ちも分かる。

 もちろん「優勝時の状況と似ている」というだけであり、優勝を確定させるものではない。ここ数年の交流戦を見る限り、2005年のような21勝13敗2分けという好成績を残すことは容易ではないだろう。

 現在チームを引っ張っている糸井嘉男選手や、能見篤史投手というベテランが「いまのパフォーマンスを続けられるか?」という不安点もある。

 しかしエース藤浪が不振に陥り2軍落ちするなど”計算外の事態”もあった中で、目標に定めた月間貯金「3」の倍の数字を残した点は素晴らしい。「今の阪神が強い」ことは間違いないのだ。

 2年目を迎えた金本阪神の力は本物なのか? 勢いに乗る阪神タイガースが”鬼門”となっている交流戦で、どのようなプレーを見せてくれるかに注目だ。

【阪神】アノ頃を彷彿させるチーム状況にファン歓喜! 11年ぶり交流戦開幕連勝と勢いに乗る金本阪神2年目シーズンVの可能性は?のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!