NEW

安田記念(G1)ロゴタイプ絶好調も「神通力」見込めず? 昨年「的中サイン」が示す東京マイルで大仕事をする血筋の「大穴馬」に激走フラグ!?

【この記事のキーワード】, ,
安田記念(G1)ロゴタイプ絶好調も「神通力」見込めず? 昨年「的中サイン」が示す東京マイルで大仕事をする血筋の「大穴馬」に激走フラグ!?の画像1

 競馬は、必ずしも最も強い馬が勝つわけではない。いや、勝った馬がその瞬間は最も強いのかもしれない。

 昨年の安田記念(G1)で見せたロゴタイプの乾坤一擲の逃げ切りは、そんな競馬の奥深さを改めて感じさせるものだった。当時の絶対王者モーリスの猛追を凌いでの戴冠。若武者・田辺裕信騎手の名が全国に轟いた瞬間でもあった。

 あれから1年、再び田辺騎手とロゴタイプが安田記念に挑むこととなった。これといった逃げ馬が不在で、昨年の再現が十分に狙えるメンバー構成。東京の馬場コンディションはまだまだ良好であり、先週もマイスタイルがあわやの場面を作ったように、昨年同様ラチ沿いで単騎逃げを決めれば、そう簡単には止まりそうもない。

 ただし、ディフェンディングチャンピオンとして連覇も期待できる存在ながらも、昨年にはなかった不安要素が2つ……いや「3つ」ある。

 1つは馬の方のコンディションだ。

 ロゴタイプは、当初予定されていたダービー卿チャレンジT(G3)をフレグモーネによって使えなかった。幸い症状は軽くすぐに立て直しが図られ、美浦のWコースで行われた最終追い切りでも軽快な動きを見せているが、昨年も中山記念→ダービー卿CTを使って結果を出しただけに”勝利の方程式”が崩れたのは気掛かりな点だ。

安田記念(G1)ロゴタイプ絶好調も「神通力」見込めず? 昨年「的中サイン」が示す東京マイルで大仕事をする血筋の「大穴馬」に激走フラグ!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声