NEW

【エプソムC(G3)展望】蛯名正義騎手「復活」の重賞勝利なるか!? ヴィクトリアマイル2着のデンコウアンジュが飛躍を懸けて牡馬に挑む!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【エプソムC(G3)展望】蛯名正義騎手「復活」の重賞勝利なるか!? ヴィクトリアマイル2着のデンコウアンジュが飛躍を懸けて牡馬に挑む!の画像1

 春の連続G1開催も一息、11日には東京競馬場で第34回エプソムC(G3)が行われる。昨年は1番人気に推された牝馬のルージュバックが、ここを足掛かりに大きく飛躍。秋には毎日王冠(G2)も制して天皇賞・秋(G1)でも3番人気に支持された。

 今年はこれといった抜けた馬のいない混戦模様だが、昨年の流れからまずは牝馬のデンコウアンジュ(牝4歳、栗東・荒川義之厩舎)に注目したい。

 2歳秋のアルテミスS(G3)では、後の2歳女王でありNHKマイルC(G1)の勝ち馬でもあるメジャーエンブレムを強烈な末脚で撃破したデンコウアンジュ。続く阪神ジュベナイルF(G1)で2番人気に推されるなど将来を嘱望されたが、まさかその”金星”が未だ最後の勝利になっているとは、誰が想像しただろうか。

 牝馬クラシック3冠を完走したものの尽く惨敗。あの強かったアルテミスSの本馬はどこに行ってしまったのかと心配されていたが、どうやら東京のマイル戦に類稀なる適性を秘めているようだ。

 前走のヴィクトリアマイル(G1)では、まさにアルテミスSの走りを彷彿とさせるような強烈な伸び脚。上がり最速となる33.3秒の豪脚で2着に食い込んだ。今回は東京1800mとベストに近い条件。同日に阪神で牝馬限定戦のマーメイドS(G3)が開催されるにもかかわらず、こちらを選んだことからも陣営も東京の長い直線に魅力を感じているようだ。

 鞍上は今年、あまり良いところがない蛯名正義騎手。飛躍を誓った昨年のルージュバックのようにここで結果を出し、人馬ともに”実りの秋”を迎えたいところだ。

 そんなデンコウアンジュと同世代のプロディガルサン(牡4歳、美浦・国枝栄厩舎)も、復活の糸口を求めて参戦してきた一頭だ。

【エプソムC(G3)展望】蛯名正義騎手「復活」の重賞勝利なるか!? ヴィクトリアマイル2着のデンコウアンジュが飛躍を懸けて牡馬に挑む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!