NEW

エアスピネルの「マイル選択」は正しかったのか? 安田記念(G1)惨敗の「裏側」と武豊騎手の心境の「変化」とは

【この記事のキーワード】, ,
エアスピネルの「マイル選択」は正しかったのか? 安田記念(G1)惨敗の「裏側」と武豊騎手の心境の「変化」とはの画像1エアスピネル(競馬つらつらより)

 4日に行われた第67回安田記念(G1)は戦前から「大混戦」と評されていたように、最後は7番人気のサトノアラジンが悲願のG1初制覇を飾った。

 ほんの一握りの名馬を除けば、多くの馬たちにとって、G1は状態やレースの展開、馬場の傾向など、あらゆる条件が上手くかみ合わなければ勝てない。少なくとも今年の安田記念に出走していたすべての馬は「ほんの一握りの名馬を除いた多くの馬たち」だった。

 それは優勝したサトノアラジンも例外ではなかった。レース後「馬場も枠順もこの馬に向いてくれて、折り合いもスムーズにリズムよく運ぶことができました」と川田将雅騎手がコメントすれば、池江泰寿調教師からも「天気にも恵まれ、馬場も良く、枠順も外と今日はいい条件がそろっていました」と、あらかじめ好条件が揃っていたことが勝因に挙がっている。

 ただ、こういった様々な勝因は基本的に2つに大別できる。

 1つは天候や枠順、馬場状態やレース展開など、いわば人の力が及ばない「天命」。そしてもう1つは馬の状態や折り合いや位置取りなど、人の力が及ぶ「人事」だ。つまり、すべてのライバルが全力を出し尽くすG1の勝敗は、まさに「人事を尽くして天命を待つ」といった境地なのだろう。

 例えば、今回のサトノアラジンの場合、池江調教師が話した「天気にも恵まれ、馬場も良く、枠順も外と今日はいい条件がそろっていました」は「天命」に該当し、川田騎手が話した「折り合いもスムーズにリズムよく運ぶことができた」は「人事」に該当する。

 特にサトノアラジン陣営は昨年の安田記念、マイルCSとG1で立て続けに不利を受けていたので、喜びもひとしおだろう。もともとG1級といわれていた素質馬だが、勝つときは絵に描いたようにすべてが上手くいく。いや、「人事」と「天命」の両方が噛み合ったからこそG1を勝てたといえるのだろうか。

エアスピネルの「マイル選択」は正しかったのか? 安田記念(G1)惨敗の「裏側」と武豊騎手の心境の「変化」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声