NEW

安田記念にファンはロゴタイプ称賛一色! 「7歳でも全盛期」驚異的な能力維持にサトノアラジンが霞む

【この記事のキーワード】, ,
安田記念にファンはロゴタイプ称賛一色! 「7歳でも全盛期」驚異的な能力維持にサトノアラジンが霞むの画像1ロゴタイプ(右)(競馬つらつらより)

 4日に開催された安田記念(G1)は、最後の直線外から一気の末脚を見せたサトノアラジンが悲願の初戴冠。馬場、ペース、枠や位置取りなどすべてがハマった形で混戦を断った。

 無論、デビュー当初から活躍を期待されていた逸材であり、ようやくの勝利に陣営の喜びもひとしおだったに違いないが、ファンの間では悲しきかな、話題は「2着馬」にすべて吸い取られてしまった印象である。

 その名は、昨年の安田記念覇者ロゴタイプ(牡7 美浦・田中厩舎)。昨年は絶対王者モーリスを絶妙な逃げで幻惑しG1競走3勝目を達成。田辺裕信騎手の見事な手綱さばきも称賛されていたが、今年も昨年の走りを彷彿とさせる逃げを展開。積極的な運びで上位進出を果たした。

 ただ、同じ逃げでも昨年と今年では内容は大きく異なる。昨年は前半4ハロンタイムが47.0と自らのペースにレースをもっていったが、今年は45.5。ディフェンディング王者だけに昨年のような逃げはさせてもらえず、後続有利なハイペースとなってしまった。

 最後の直線、内ラチにぴったりとつけたロゴタイプは、馬なりのままレースを展開。ロゴタイプの後ろにつけたサンライズメジャーやディサイファ、ブラックスピネルやヤングマンパワーが揃って脱落していく中、ロゴタイプだけは先頭を守り、後続に一時3馬身とリードを広げた。

 最後の最後にサトノアラジンに差し切られたものの、展開利を活かしたレッドファルクスやグレーターロンドンなどには前を譲らず2着を確保。王者として恥ずかしくない走りを見せた。

安田記念にファンはロゴタイプ称賛一色! 「7歳でも全盛期」驚異的な能力維持にサトノアラジンが霞むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々