NEW

イスラボニータ惨敗はルメール騎手が「絶好調過ぎた」から!? 改めて実感させられた競馬の難しさと「包囲網」の恐ろしさ

イスラボニータ惨敗はルメール騎手が「絶好調過ぎた」から!? 改めて実感させられた競馬の難しさと「包囲網」の恐ろしさの画像1

 ゲートが開いてからの約1分30秒間、本命馬は何もさせてもらえなかった。

 4日に行われた安田記念(G1)は7番人気のサトノアラジンが悲願のG1初制覇。昨年のダービージョッキー・川田将雅騎手が喜びを爆発させる一方、そのダービーで苦杯を舐めたC.ルメール騎手の1番人気イスラボニータは8着に沈んだ。

 無難なスタートを切ったイスラボニータは、いつものように好位を獲りに行こうとしたが、すぐ隣にいたロゴタイプが加速しながら内に切れ込んでいき、結果的に前がカットされてやや立ち遅れてしまう。あくまで結果論だが、道中7番手は9着に惨敗した昨年の中山記念(G2)以来の後方からの位置取りだった。

 その直後は上手くブラックスピネルの後ろにつけたが、今度は外からヤングマンパワーにフタをされたところで万事休す。終始密着マークに遭ったイスラボニータは、外にも内にも持ち出すことができないまま、最後の直線でも進路が確保できずに馬群に埋もれた。

 レース後、ルメール騎手が「進路がなかった。ラスト150mだけスペースがあったけど、遅すぎた」と肩を落としたように、決して力負けでなかったことは明らかだ。

 ヤングマンパワーに騎乗していた松岡正海騎手も結果は伴わなかったが、勝つために、そして1つでも着順を上げるために「最も乗れている騎手の1番人気の馬」を好きにさせないのは、ルール内であれば極めて有効な作戦の1つといえるだけに当然の判断だった。

 ちなみにイスラボニータは18頭中15番枠からのスタート。本来なら、そう簡単に馬群に包まれる位置ではなかったはずだが、この日はやはりイスラボニータにとって、いや、ルメール騎手にとっても、かなり”風当たり”が強かったように見えた。

 ただ、イスラボニータは1番人気に支持されていたとはいえ、単勝3.5倍というオッズが示す通り、決して実力が抜けた存在ではなかった。それでも1番人気に推されたのは前走のマイラーズC(G2)で久々の勝利を上げたこともあったが、それ以上に鞍上のルメール騎手が「3週連続G1制覇中」と絶好調だったことが大きな理由だった。

イスラボニータ惨敗はルメール騎手が「絶好調過ぎた」から!? 改めて実感させられた競馬の難しさと「包囲網」の恐ろしさのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々