NEW

デムーロ騎手「3週連続G1競走3着」の珍記録達成!「全部同じレース」でも実力はやはりダントツ?

デムーロ騎手「3週連続G1競走3着」の珍記録達成!「全部同じレース」でも実力はやはりダントツ?の画像1

 4日の安田記念(G1)は、外から一気の末脚でサトノアラジンが勝利。馬場や位置取りなどすべてが同馬にとって追い風となり、見事に初戴冠となった。

 外から一気と記したが、実はもう1頭、大外から脚を伸ばして3着を確保した馬がいる。レッドファルクス(牡6 栗東・尾関厩舎)だ。昨年スプリンターズSを制し、今年の高松宮記念でも3着と一流のスプリンターだが、マイルでも一定の結果を残してみせた。

 鞍上はM.デムーロ騎手。6日時点で全国リーディング2位の70勝を上げる名手だ。不安もあったレッドファルクスをしっかり馬券圏内に持ってきたあたり、さすがの一言に尽きる。

 リーディング1位はC.ルメール騎手だが、同騎手は安田記念で史上初「4週連続G1制覇」がかかっていたが、周囲の徹底マークによりあえなく撃沈した。1番人気の期待に応えることはできなかった。

 その一方、デムーロ騎手はしっかり「記録」を継続していたわけだが……。

「デムーロ騎手はオークスのアドマイヤミヤビ、日本ダービーのアドミラブルに続き『3週連続G1競走3着』を達成しました。喜ばしいことなのかは微妙ですが……。

ちなみにすべ  てのレース『大外一気』で、レースの大勢が決した後に飛び込んでの3着とまるで再生ビデオを見ているかのような印象。ファンの間でも『全部一緒じゃないか』とツッコミが入っていますよ」(記者)

デムーロ騎手「3週連続G1競走3着」の珍記録達成!「全部同じレース」でも実力はやはりダントツ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由