NEW

パチンコ業界に「水増し」疑惑発覚!? 「違和感しかない」強引なイメージ回復戦略が「大滑り」で寒すぎる結果に......?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界に「水増し」疑惑発覚!? 「違和感しかない」強引なイメージ回復戦略が「大滑り」で寒すぎる結果に......?の画像1

 一体、何をどうすればこのような結果になったのだろうか......。

 先日、グローバルアミューズメント社が「パチンコパチスロ参加人口調査 2017年版」を発表し、パチンコ・パチスロ参加人口が前年比17万2000人増の合計1052万6000人となったということが遊戯業界内で話題となっている。

 全体でみれば約1%強の増加に過ぎず、パチンコ・パチスロ業界の「復活」と称するにはいささか無理のある数字だ。だが、現場の遊戯関係者やパチンコ・パチスロの参加者からは微増どころか、大幅な下落がなかったことに「困惑の声」が上がっているという。

 それもそのはずだ。普段、パチンコ店に足を運ぶ者からすれば語るまでもないことだが、現在業界は国が定めた「新基準」によって、まさに危機的な"氷河期"に突入している。未だかつてなかった厳しい規制によって、スペックがマイルドになり出玉が抑制され、著しく客離れが加速している状況なのだ。

 にもかかわらず、グローバルアミューズメント社が発表した調査によると参加人口は増加しているという。

 この現場との"ギャップ"について、グローバルアミューズメント社によると「低投資の傾向が強くなったことで稼動と収益が下がり、参加人口が減っている印象を受けやすいのではないか」とのこと。

 つまり来店者があまり金銭を投資せず、すぐに帰ってしまうため店が空いている印象を受けるだけであり、実際の全体人数は減っていないということなのだろうが、業界関係者からは「さすがに無理がある」と同社の言い分に納得していないようだ。

パチンコ業界に「水増し」疑惑発覚!? 「違和感しかない」強引なイメージ回復戦略が「大滑り」で寒すぎる結果に......?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、コンサルパチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!