NEW

【マーメイドS(G3)展望】乙女たちの真剣勝負!秋への飛躍を目指す武豊トーセンビクトリーの重賞2勝目はなるか?

【この記事のキーワード】, ,
【マーメイドS(G3)展望】乙女たちの真剣勝負!秋への飛躍を目指す武豊トーセンビクトリーの重賞2勝目はなるか?の画像1

 G1レースも一段落して夏競馬の始まりとなるこの時期は、今後の活躍を目指す上での試金石となるレースが多く開催される。まず、阪神競馬場ではマーメイドS(G3)の開催だ。ハンデ戦だけあって人気の無い伏兵馬が3着以内に好走することも多い難解なレースとなっている。そんなマーメイドS(G3)への出走を予定している有力馬を紹介する。

 トーセンビクトリー(牝5、栗東・角居厩舎)はここで重賞2勝目を狙う。能力の高さに期待をされていたが、なかなか結果が出ない時期が長く続いていた。しかし、2走前の中山牝馬S(G3)で嬉しい重賞初勝利を飾っており、その素質がようやく開花してきたようだ。前走の阪神牝馬S(G2)では6着に敗れたものの、距離が短すぎたことが敗因と陣営は分析している。ヴィクトリアマイル(G1)への出走は見送り、こちらを目標に調整してきただけに万全の状態で出走できそうだ。今回の斤量は56Kgのトップハンデとなるが、今後も重賞で勝ち負けを争う存在になるためには克服しなければならない。母がトゥザヴィクトリーの良血馬なので、当然この馬にもエリザベス女王杯(G1)などのビッグレースでの戦いが期待される。その為にもここでしっかりと結果を残して秋に控える大舞台への足掛かりにしたい。

 マキシマムドパリ(牝5、栗東・松元厩舎)も重賞2勝目が欲しいところ。前走の大阪城S(OP)ではまさかの大敗を喫したが、2走前の愛知杯(G3)で重賞初勝利をしたように今年に入ってから結果を残してきた遅咲きだ。父がキングカメハメハ、2走前に重賞初勝利など共通点が非常に多いトーセンビクトリーとは、今後の直接対決も増えそうな良いライバルとなりそう。ここまでのところ直接対決は2回あり、1度ずつ相手よりも先着という互角の成績となっているので、今回のレースではどちらが先着するのかにも注目したい。当然ながらこの馬にとっても秋の大目標はエリザベス女王杯(G1)となるだけに、内容だけでなく結果が求められるレースとなりそうだ。

 近走は結果が出ていないがビッシュ(牝4、美浦・鹿戸厩舎)にも期待したい。昨年はオークス(G1)で3着、紫苑S(G3)1着と結果を出していたが、続く秋華賞(G1)、ジャパンC(G1)、中山牝馬S(G3)では厳しい戦いが続いている。それでも現役の4歳世代の牝馬の中ではトップクラスの素質の持ち主であることは間違いなく、軽視は禁物。もともとあまり末脚が切れるタイプではないため、前走の中山牝馬S(G3)ではスローペースの展開に泣かされた。前目のポジションでレースを進めることが出来ればチャンスは十分あるはず。自身の復調と快進撃を続ける4歳世代の能力の高さを改めてアピールして欲しい。

【マーメイドS(G3)展望】乙女たちの真剣勝負!秋への飛躍を目指す武豊トーセンビクトリーの重賞2勝目はなるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は