NEW

『バジリスク』の新作が見参! ファンは歓喜も「ユニバーサル」系の今後は不安!? 旧基準機撤去後の存在感を心配する声が……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パチスロ5号機時代を代表する機種となった『バジリスク』シリーズ。2014年に発売された『バジリスク~絆~』は、現在でもホールの主力機種として高稼働を維持している。

 そんな『バジリスク』シリーズのファンへ朗報が届いた。「ユニバーサルエンターテインメント」は、公式Webショップ「UNI-MARKET(ユニマーケット)」より新商品の販売を開始している。

 6月8日より販売されたのは、大人気『バジリスク』の新商品だ。『バジリスク~甲賀忍法帖~III』をモチーフにしたデジタルカメラや、Tシャツ、バスタオルなどが登場。好評だったバジリスクの痛傘にも、甲賀・伊賀が全員そろった豪華な新デザインが追加されている。早くもファンの間では話題になっているようだ。

「UNI-MARKETは単なるグッズショップではない」と宣言する同社らしい新商品。40年以上にわたって培われた”モノづくりのチカラ”を応用し、ファンを喜ばせようとする姿勢は見事である。さすがはパチスロ界を牽引する「ユニバ」系列だと感じるのだが……。

「現在のユニバさんを心配する人間は多いです。『このまま旧基準機が撤去されたら存在感がなくなってしまう』という声が目立ちます。確かに現在も旧基準機『絆』や『凱旋』『ハーデス』はホールの主軸ですが、新基準機は期待に応えているとはいえませんよね。

 シリーズの基本的なゲーム性はそのままに進化発展した印象のあった『バジリスクIII』も、ヒット間違いなしと思われた『ポセイドン』もホール側の考えていた稼働を残しているとはいえません。最近、設定6の機械割が『番長3』に匹敵するといわれる『アカギ』へ注目するユーザーもいるようですが、逆転のヒットは難しいでしょう。

 新たなゴッドや人気コンテンツの新台が出るという話もあります。巻き返してくれる可能性は十分にあると思いますが、このまま旧基準機やAタイプだけが受け入れられる状態が続くのは心配ですね。これまでもすべての台がヒットしているわけではありませんが、ホールの主軸となる魅力的な台を開発し続けてきた実績は本物ですから期待したいですよ」(記者)

「大都技研」の『押忍! 番長3』は安定した稼働を見せているが、そこへ続く台はなかなか現れていない。各メーカーも尽力しているが、やはり基準内でヒット作を生み出すことは非常に困難だということだ。

 そのような状況下、これまで業界を牽引してきた存在へ注目が集まるのは当然。『GOD』シリーズを筆頭に、『バジリスク』や『沖ドキ!』『魔法少女まどか☆マギカ』『ハナビ』など多種多様な台を開発してきた「ユニバ」系への期待が高まるのは自然なことだ。

 7月には「サミー」と共に「サミーフェスティバル2017」☓「ユニバーサルカーニバル2017」を開催予定。昨年は1万6000人を超えるファンや関係者が来場したイベントによって、同社への注目・期待が高まることは間違いない。それに応える活躍を期待したいものだが……。

『バジリスク』の新作が見参! ファンは歓喜も「ユニバーサル」系の今後は不安!? 旧基準機撤去後の存在感を心配する声が……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!