NEW

巨人「ノーノー達成」も選手は興覚め!? 球団に根付く確執......次期監督大本命・松井秀喜氏の「離反」によって誕生した高橋監督は権力の犠牲者?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの人」とは2012年に現役を引退した松井秀喜氏のことだ。長年、巨人の4番を務め、メジャーリーグでもワールドシリーズを優勝するなど活躍。2013年には国民栄誉賞を受賞するほどの超大物だが、引退後は日本のプロ野球へ本格的に関わったことがないままだ。

 確かに、順当にいけば高橋監督の前に巨人の監督になっているべき人物。本来なら高橋由伸も、原前監督からバトンを引き継いだ"松井監督"の下で修業を積み、何年後かに監督就任という流れが自然であり、巨人のフロントが思い描いていた青写真に違いない。

 実は、そういった動きは過去にも何度か表に出たことがある。

 松井氏が現役引退した翌年2013年の新年互礼会の席のこと、当時のナベツネこと渡辺恒雄球団会長が「原君のあとすぐ(監督になれる人材)っていうのがいないんだよ。松井君が最適だよね」と発言。当時の最高権力者の言葉ということもあって、水面下で交渉が行われたことは間違いない。

 つまり、この時点で松井が巨人に"復帰"していれば、コーチとして原監督の下で帝王学を学べる。実際に高橋監督が誕生したのが昨年であることからも、本来なら松井氏が満を持して監督就任となるための最高のタイミングだったわけだ。

 しかし、肝心の松井氏にその気がなく、巨人フロントが描いた計画はあえなく消滅。巨人はその後も松井氏が長嶋茂雄終身名誉監督と共に国民栄誉賞を受賞した際も、授賞式を東京ドームで執り行うなど異例の待遇を尽くしたが、氏が首を縦に振ることはなかったという。

「今週の『週刊新潮』(新潮社)にもありますが、渡辺会長と松井氏には、未だに強い確執があるようです。有名なのは松井氏が2002年にメジャー移籍を試みた際、巨人側は強く止めようとしたことですね。そこには将来の"監督手形"もあったそうですが、松井氏はそれを固辞。その対応に渡辺会長が『裏切り者』と激怒したそうです。

 そんな後味の悪い別れがあった以上、松井氏からすればメジャー移籍は片道切符のつもりだったでしょう。実際に松井氏がメジャーから日本に帰ってきた際も、巨人は獲得に手を挙げませんでしたからね。それが監督候補の人材に窮したここに来て、急に手のひら返しの交渉では、松井氏も面白いはずがありません。

 現在は一応"義理"で臨時コーチを務めたりもしていますが、"一線"は越えないと思いますよ」(同)

巨人「ノーノー達成」も選手は興覚め!? 球団に根付く確執......次期監督大本命・松井秀喜氏の「離反」によって誕生した高橋監督は権力の犠牲者?のページです。GJは、スポーツ、巨人松井秀喜高橋由伸の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!