NEW

JRA騎乗停止の松田大作騎手の「あのオーナー」が救いの手…調教に顔を出すように

【この記事のキーワード】, ,
JRA騎乗停止の松田大作騎手の「あのオーナー」が救いの手...調教に顔を出すようにの画像1

 免許停止中にもかかわらず京都市内で車を運転していたとして、 8月8日までの騎乗停止処分がJRAから下されていた松田大作騎手。その松田騎手が函館スプリントS(G3)に出走予定のシュウジ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)の調教に参加していると話題になっている。

 シュウジは松田騎手を背に乗せ3頭併せ馬を行い、函館芝で5F62秒2-34秒8-11秒を記録。そして大外を回って直線に入り、強めに追われるとラスト1F11秒4前の末脚を披露して、先を行く2頭を豪快に追い抜いたという。

 シュウジを管理する須貝調教師は「デイリースポーツ」の取材に対し、「前走から間隔があいているので、ある程度はやっておかないと」と調教を振り返り、そして「あれだけ外を回りながらこの時計だからね。思い通りの調整ができた」と仕上がりに太鼓判を押していた。

 シュウジはデビュー後から高いスプリント能力が評価されていた。だが好走を続けていたものの、今年の初戦阪急杯(G3)でまさかの8着、次走の高松宮記念(G1)でも15着と大敗。だが、復活さえできれば、この馬の力は間違いなくG1級ともいわれる。

 復活を期すべくレースの騎手には武豊騎手に白羽の矢が立てられているが、勝てば松田騎手の調教でのアシストが復活への足がかりになったと評価される部分もあるだろう。そうすれば今後も騎手停止期間が空けるまで調教でその姿を見ることができるかもしれない。

JRA騎乗停止の松田大作騎手の「あのオーナー」が救いの手…調教に顔を出すようにのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか