NEW

【宝塚記念(G1)展望】大本命・武豊キタサンブラックが「凱旋門賞制覇」に向け出陣! 現役最強馬による「春古馬三冠」の大偉業達成なるか!?

【この記事のキーワード】, ,
【宝塚記念(G1)展望】大本命・武豊キタサンブラックが「凱旋門賞制覇」に向け出陣! 現役最強馬による「春古馬三冠」の大偉業達成なるか!?の画像1

 25日、春競馬の締めくくりとなるグランプリ宝塚記念(G1)が阪神競馬場で開催される。

 昨年はキタサンブラックが作ったハイペースの中、最後は壮絶な叩き合い。外から伸びた女傑マリアライトが前年の2冠馬ドゥラメンテを差し切り、2005年のスイープトウショウ以来となる牝馬制覇を飾った。

 今年は雰囲気だけでいえば、スイープトウショウが勝った翌年2006年に近いものを感じる。当時の主役は、秋に凱旋門賞(仏G1)挑戦が決定していたディープインパクトだ。前年の三冠馬が天皇賞・春(G1)をレコード勝ちして挑んだ一戦、競馬界だけでなく国民的なスターとなった名馬を一目見ようと雨の阪神競馬場に大勢のファンが詰めかけた。

 あれから11年後、今年の主役は全国的な知名度を誇るキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が務める。鞍上はディープインパクトの時と同じく、競馬界の顔役・武豊騎手だ。

 昨年の有馬記念(G1)以来のレースとなった新設G1大阪杯を完勝し、続く天皇賞・春ではディープインパクトのレコードを更新し、最大のライバル・サトノダイヤモンドを撃破。史上初の春古馬三冠に王手を掛けているのが、昨年の年度代表馬キタサンブラックだ。

 すでに現役No.1を疑う声は皆無という状況で、今回の宝塚記念は2006年と同じように国内最強馬が世界へ羽ばたくための”壮行レース”の体を成しつつある。事前に行われたファン投票では2009年のウオッカ以来の10万票超え。今や名実ともに競馬界の代表馬に上り詰めたスターホースに大きな死角は見当たらない。

【宝塚記念(G1)展望】大本命・武豊キタサンブラックが「凱旋門賞制覇」に向け出陣! 現役最強馬による「春古馬三冠」の大偉業達成なるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール