NEW

NMB48須藤凜々花「開き直り会見」に呆れと絶望? 振り回された人々の気持ちは無視か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NMB48須藤凜々花「開き直り会見」に呆れと絶望? 振り回された人々の気持ちは無視かの画像1

 17日のAKB総選挙で「結婚発表」をした渦中の須藤凜々花が、21日に都内で会見を開き、恋人との結婚前提の交際とNMB48卒業の考えを明かした。

 須藤は「好きな気持ちもグループの活動も、どちらも真剣だった」と語り、総選挙に水を差した点は理解しながらも「人を好きになって、恋愛禁止ルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃないと思った」と自身の考えを吐露した。

「人を好きになって、恋愛禁止ルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃないと思った」……まあ、それはそうなんでしょうけどね、というのがこの会見に対する反応だろうか。

 無論、恋愛禁止のルールなどあくまでも「アイドル」というコンテンツを形作る一要素に過ぎず、結婚もめでたいことである。一方で、恋愛禁止がアイドル人気に無関係とはいえないのも事実だ。

 今回のバッシングは、結婚するならば総選挙を辞退するなど事前に措置が取れたのではないかという点だ。一部で「結婚を批判するファンが異常」という論調もあるが、それはどう考えても論点がズレている。誰もその点を批判しているわけではないだろう。ファンが金銭をはたいて投票した結果が出る場でわざわざ結婚を発表した点だ。

 少なくとも恋愛や結婚をしないことが「商売道具」の一つであるならば、それを含んでの投票だったはずで、それを守らず、それでも総選挙に出たという事実はやはり擁護はできないだろう。もっとも、許可した運営側に一番の問題があるのだろうが……。

 いずれにせよ「開き直り」を強く感じた今回の会見。振り回された現役メンバーや関係者、ファンはやはり少し気の毒だ。

NMB48須藤凜々花「開き直り会見」に呆れと絶望? 振り回された人々の気持ちは無視かのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!