NEW

キタサンブラック最大のピンチ!? 競馬女王・桃井はるこが宝塚記念で推すのは”ミッキー”?

【この記事のキーワード】, ,
0623momoi_7227.jpg

 今週末に上半期を締めくくるグランプリレース、第58回宝塚記念(G1)が開催される。だが、キタサンブラックが「負ける要素なし」との声がファンの中からも聞こえてくるためか、いまいち盛り上がりに欠ける気も……。

そこで今回はオタク界きっての”穴党”として知られているアイドル・桃井はるこさんにお越しいただき、宝塚記念の注目馬をうかがってみた。桃井さんはどの競走馬を推しているのだろうか?

――ファン投票上位の出走馬に優先出走権が与えられる宝塚記念が間もなく開催されます。ファン投票と言えば、先立ってAKB48選抜総選挙が開催され、壇上でNMB48須藤凜々花さんが”結婚宣言”をして話題を集めましたね。

桃井はるこ(以下、桃井):AKB48総選挙はテレビで見ていたのですが、『さすがだなぁ』と思いましたね。

 誰の思惑であのようになったのかはわかりませんが、例えば人気アイドルの卒業、引退があったとしても、アイドルに普段から興味がある人達のコミュニティ内での話題にとどまるものです。それなのに須藤さんの件は通常のニュースとしてメディアに大きく取り上げられ、アイドルファンという訳ではない多くの人たちが聞かれていないにもかかわらず積極的にあの件に関してSNSなどを通じて『自分はどう思うか』言及してるんです。その人たちが書いた感想が、それぞれの倫理観や人生観、そして『アイドル観』を象徴しているような気がして、いろんな見方があるなぁと思ったと同時に、改めて影響力のスゴさを感じました。あ、私は聞かれたから答えただけですからね(笑)。

――もちろんです。ありがとうございます(笑)。さて、今回の宝塚記念はファン投票でも1位になったキタサンブラックの1強といわれていますね。

0623momoi_7265.jpg

桃井:キタサンブラックは私の一番好きな競走馬です。私が競馬にハマり始めたのは、キタサンブラックが勝った2015年のスプリングSを観戦したくらいの時期だったんですけど、その時から「キタサン愛」は変わっていないです。

 レースはリアルスティールが1番人気、2番人気がダノンプラチナ、3番人気がベルーフと続き、キタサンブラックは5番人気。今のように人気を集めておらず、上位に食い込むのは難しいと見ていた人が多かったようなんですけど、私は一目見てから『モノが違う』と感じていたんです。そして、結果は見事勝利! その瞬間に「やったー、勝ったー!!」って叫んじゃいましたよ。家に帰って録画していたそのレースの中継映像を見ると、自分の声が入っていました(苦笑)。

 キタサンブラックは、母父がバクシンオー、父はディープインパクトの全兄のブラックタイド。血統的に見れば、長距離には向いていないと思われていたものの、その評価を見事に覆して菊花賞(G1)も勝っています。人間の思惑をやすやすと超える、ロマンあふれる馬。本当に大好きなんです。

――では、今回の本命も当然……。

桃井:……いえ、今回、応援する馬は別です!!

――な、何!?

桃井:今回ばかりは、ね。

――世間から圧倒的な評価を受け、さらに個人的な思い入れも強いキタサンブラックを推せない理由とはなんでしょうか?

桃井:私は今の世の中って、「人気があるものに乗っかっている人が得をする」ことが多いと思っているんです。でも、競馬というのは「みんなが見つけていない良いもの」を探すのも大きな醍醐味でしょう。

 宝塚記念は、1番人気が馬券圏外になることはあまりないんですが、荒れることも多く2着に人気薄の馬が来ることも多いんです。今回は普段は競馬をやらない人ですらキタサンブラックの勝利を信じている場合も多いでしょう。だからこそ『ここで逆張りしないでどうする?』って思いがあるんです。なので、キタサンブラックはイチオシしません!!

――なるほど。あえての外しなんですね。では、どの馬に注目を?

キタサンブラック最大のピンチ!? 競馬女王・桃井はるこが宝塚記念で推すのは”ミッキー”?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配