NEW

宝塚記念(G1)でシュヴァルグランの初制覇は!? 悲願達成のために避けては通れない絶対王者との真剣勝負

【この記事のキーワード】, ,

 今年の上半期の競馬を締めくくる夏のグランプリ・宝塚記念(G1)が、25日(日)に阪神競馬場で開催される。これまで数多くの名勝負が繰り広げられてきた夏のグランプリだが、今年は競馬ファンのみならず、普段は競馬と関わりの少ない人にまで知られるようになったキタサンブラック(牡5、栗東・清水厩舎)に注目が集まっている。

 最大のライバルと目されるサトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江厩舎)が出走しないため、1強ムードが漂う今回。そんな現役最強馬に迫れる可能性を秘めているとすれば、シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道厩舎)ではないだろうか。

 昨年はG2レースを2勝、天皇賞・春(G1)とジャパンカップ(G1)でも3着と好走し、大きなレースでも十分通用する能力があるところを見せていた。

 今年に入ってからも前走の天皇賞・春(G1)で2着になっており、まだまだその力を高めてきている。天皇賞では前哨戦となった阪神大賞典(G2)で苦汁をなめさせられたサトノダイヤモンドにもしっかりと借りを返し、2強対決に割って入ることに成功した。この点は大いに評価すべきだろう。

 それでも、勝ち馬のキタサンブラックには1馬身1/4差を着けられている。当然ながら今回も最大の壁となって立ちふさがるが……。

宝塚記念(G1)でシュヴァルグランの初制覇は!? 悲願達成のために避けては通れない絶対王者との真剣勝負のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  6. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  7. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  8. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  9. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」