NEW

宝塚記念(G1)でシュヴァルグランの初制覇は!? 悲願達成のために避けては通れない絶対王者との真剣勝負

【この記事のキーワード】, ,

 この馬の最大の魅力と言えば何といっても強靭なスタミナ。本来のこの馬の適性から考えれば2200mは少し短いかもしれないが、逆に有り余る豊富なスタミナをフルに使い、天皇賞・春(G1)の時よりも早い段階でキタサンブラックに近いポジションでレースを進めることが出来れば、現役最強馬にとっても厄介な存在となり得る。

 血統的に見てもG1をいつ制覇してもおかしくない良血。姉はヴィクトリアマイル(G1)を連覇したヴィルシーナ、妹には秋華賞(G1)とドバイターフ(G1)を制しているヴィブロスと活躍馬が多い。姉のヴィルシーナに関して言えば宝塚記念での好走歴もある。

 当然この馬にかかる陣営の期待も大きく、成長著しい今年に入ってからの安定感は目を見張るものがある。叩き3戦目となり期待が膨らむ今回だが、悲願のG1タイトル奪取へ向けての準備は着実に進んでいる。調教ではあまり目立つ動きではないようだが、もともと調教駆けするタイプではない。また、歴史に残るレコード決着となった前走の反動も現状は見られないようだ。

 昨年の同じ舞台では9着に敗れたが、さらに力が増した今年は昨年のような惨敗を喫するわけにはいかない。ここまで5回G1で対戦してきた同世代の最強馬に一矢報いる舞台は整った。

「人事を尽くして天命を待つ」

 シュヴァルグランは、その先に待っているであろう栄光を掴み取るため、決戦の時を静かに待つ。

宝塚記念(G1)でシュヴァルグランの初制覇は!? 悲願達成のために避けては通れない絶対王者との真剣勝負のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか