NEW

ロードクエストがパラダイスSに出走!! 「マイル界のホープ」復活の狼煙をあげることはできるのか?

【この記事のキーワード】, ,
0623roadquest_01.jpg※画像:ロードクエスト 『競馬つらつら』

 ターフから遠ざかっていた素質馬が、また1頭戻ってくるようだ。

 2015年新潟2歳S(G3)、翌年の京成杯オータムハンデ(G3)を制したロードクエスト(牡4歳、美浦・小島茂之厩舎)が、今週末のパラダイスS(芝、1400m)で復帰する。

 日本競馬はいまや世界的な良血馬が中心となって活躍している。だがロードクエストは、父馬が有馬記念を勝ったマツリダゴッホ、母馬は岩手競馬で「岩手の女王」と呼ばれていたマツリダワルツという地味な血統。そのためか、サマーセールでついた売値は626万と、同世代であるサトノダイヤモンドの1/40程度しかなかった。

 だが、15年の新馬戦を快勝し、次走の新潟2歳Sでも2着に4馬身差を付けての圧勝を見せてからは、クラシック制覇の有力候補として名を挙げられるようになる。続くホープフルS(当時、G2)、スプリングS(G2)ではそれぞれ2着、3着と一定の結果を残し、本格化してきたと思われてたが皐月賞(G1)では8着と惨敗。評価が覆りそうになるが、距離をマイルに戻して挑戦したNHKマイルC(G1)では上がり33.8秒の末脚を見せ、結果2着ながらもメジャーエンブレムを追い詰める走りを見せている。

 だが勢いそのまま乗り込んだ日本ダービー(G1)では11着と大敗したものの、秋初戦には古馬も参戦した京成杯オータムハンデ(G3)を快勝し意地を見せる。今後に期待を抱かせる走りだったが、富士S(G3)、マイルチャンピオンS(G1)はともに9着に終わってしまう……。とにかく成績の浮き沈みが激しく、評価が難しい馬として知られていた。

 そして今年の春、安田記念(G1)を見据えて放牧されていたが、その時、蹄の周辺に外傷を負ってしまい、思わぬ長期休養を強いられてしまっていた。

ようやく傷も癒え、今週末に復帰するが、管理する小島調教師は「ラジオNIKKEI」の取材に対し、「夏の目標は関屋記念(G3)」と語り、エプソムカップ、米子ステークスでの復帰も考えたものの「ある程度しっかり調教の本数をこなせて、休み明けでもそれなりの状態で使える週に、たまたま1400mのレースがあった」とパラダイスSでの復帰の理由を語った。ちなみにレースでの鞍上は池添謙一騎手が務める予定だ。

ロードクエストがパラダイスSに出走!! 「マイル界のホープ」復活の狼煙をあげることはできるのか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  8. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」