NEW

武豊が「絶大な信頼」を寄せる黒岩悠とは一体何者? 現役最強馬キタサンブラックを誰よりも知る「影の主戦騎手」の正体

【この記事のキーワード】, ,
武豊が「絶大な信頼」を寄せる黒岩悠とは一体何者? 現役最強馬キタサンブラックを誰よりも知る「影の主戦騎手」の正体の画像1

 25日に開催される今年の宝塚記念(G1)の主役と言えば、もちろんキタサンブラック。そして、「主戦」の武豊騎手である。

 昨年の大阪杯からコンビを結成した両者。そこから天皇賞・春、ジャパンCなどを制して年度代表馬に輝いている。さらに充実が目立つ今年はG1に昇格した大阪杯の”初代王者”に輝くと、最大のライバル・サトノダイヤモンドを下して天皇賞・春を連覇。今や、このコンビを「現役最強」と呼ぶ声に異論は聞こえない。

 スタートから堂々とハナを主張し、持続力に物を言わせたロングスパート合戦でライバルをねじ伏せる走りは、どんな展開でもペースを崩さない武豊騎手の正確無比な体内時計があってこそ。キタサンブラックがここまでの存在になったのも、主戦・武豊騎手の存在が大きいといえるだろう。

 ただ、そんな現役最強馬を支える「もう1人の主戦騎手」がいることをご存じだろうか。

 百戦錬磨の武豊騎手でさえ「彼に任せておけば問題ない」「僕よりも彼が乗ったほうが良い」と、最愛のパートナーの背中を預けるほど絶大な信頼を寄せているのが、黒岩悠騎手だ。

 今年でデビュー16年目を迎えている黒岩騎手だが、その名を知っている競馬ファンはあまりいないかもしれない。名前は聞いたことがあっても顔まで知っている人は、ほんの一握りだろう。何故なら彼は、重賞を一度も勝ったことがなければ昨年、デビューから15年掛かって、ようやく通算50勝を達成したような”零細騎手”だからだ。

 今や中央の一流騎手だけでなく、世界レベルの外国人騎手や地方のトップジョッキーまでが闊歩する中央競馬。20代半ばで鞭を置く若手騎手も珍しくない中、黒岩騎手も本来ならとっくに騎手を廃業していてもおかしくはない。実際に今や平地の騎乗依頼はほとんどなく、今年はまだ未勝利だ。

武豊が「絶大な信頼」を寄せる黒岩悠とは一体何者? 現役最強馬キタサンブラックを誰よりも知る「影の主戦騎手」の正体のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと