NEW

武豊とキタサンブラックは何故敗れたのか? 数々の”疑惑”に積み重なった大きなツケ……大敗したダービー以来となる「環境」に戸惑い?

【この記事のキーワード】

, ,

武豊とキタサンブラックは何故敗れたのか? 数々の疑惑に積み重なった大きなツケ......大敗したダービー以来となる「環境」に戸惑い?の画像1

 現役最強馬に待っていたのは、まさかの悪夢だった。

 25日に阪神競馬場で開催された第58回宝塚記念(G1)。昨年の年度代表馬であり、今年も大阪杯(G1)と天皇賞・春(G1)を連勝。しかし、レースは「現役最強」の名を欲しいままにしていたキタサンブラックが馬群に沈む大波乱の決着となった。

「正直、よくわかりません……」

 昨年の大阪杯でキタサンブラックとのコンビを結成して以来、すべて馬券圏内に好走し、新たに4つのG1タイトルを上積みした武豊騎手。先日、前人未到の3900勝を達成したレジェンドでさえ、信じられない結果に首を捻る他なかったようだ。

 レースはシュヴァルグランとシャケトラという、これまで一度も逃げたことがない馬たちが主導権を握る異様な展開で幕を開いた。8枠からの発進となったキタサンブラックは、無理せず好位につける。他にクラリティシチーやミッキーロケットなどで好位グループが形成されたまま、各馬が1コーナーへ飛び込んだ。

 シュヴァルグランとシャケトラが先頭のままで通過した1000mは60.6秒。同日同舞台で行われた500万下が59.7秒で流れており、明らかなスローペースだった。キタサンブラックは時折口を割る仕草を見せながらも、3番手を追走。ポジション的には、いつでも抜け出せるといった状況だった。

 そんなG1らしからぬ緩い流れに業を煮やしたのが、キタサンブラックをマークするように追走していたサトノクラウンの鞍上、M.デムーロ騎手だった。

武豊とキタサンブラックは何故敗れたのか? 数々の”疑惑”に積み重なった大きなツケ……大敗したダービー以来となる「環境」に戸惑い?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!