NEW

武豊騎手の「大失態」で帝王賞(G1)主役アウォーディーの「評価」急落!? 地方競馬で”無双”を誇る天才騎手も「先週」のイメージ払拭できず……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊騎手の「大失態」で帝王賞(G1)主役アウォーディーの「評価」急落!?  地方競馬で無双を誇る天才騎手も「先週」のイメージ払拭できず......の画像1

 28日に大井競馬場で開催される第40回帝王賞(G1)。芝の宝塚記念(G1)と同じようにダート界の春を締めくくる一戦は、毎年トップクラスの実力馬が集結する。

 今年の主役になりそうなのは、前走のドバイワールドカップ(G1)で5着と改めて強さを示したアウォーディー(牡7歳、栗東・松永幹夫厩舎)。戦前の予想では「1番人気濃厚」という状況だが、ここに来て評価が急落しようとしているとは、一体どうしたことか……。

 一昨年の秋に武豊騎手とコンビを組んでダート路線を歩むと、怒涛の6連勝で一気にスターダムへ上り詰めたアウォーディー。昨年のJBCクラシック(G1)で強豪コパノリッキーを退け、ダート界の頂点に立っている。

 ダートは6戦全勝という完璧な成績。ここからアウォーディーの長期政権が始まると思いきや1番人気で迎えたチャンピオンズC(G1)で、いきなり足をすくわれて2着。続く東京大賞典(G1)でも最後の直線で競り負けて2着と、盤石に思われた新王者の足元にヒビが入っている状況だ。

 とはいえ前走のドバイワールドカップでは、東京大賞典で先着を許したアポロケンタッキーや弟のラニ、フェブラリーS(G1)の覇者ゴールドドリームら日本馬が大敗する中、5着善戦と改めて国内最強の力を示したアウォーディー。今回の帝王賞における本命視も順当なものと思われる。

「アウォーディーがダート界で現役最強の力を秘めていることは、誰もが認めるところです。しかし、先に抜け出すとソラを使ってしまうなど、気性面に大きな課題があり、それが昨年のチャンピオンズCや東京大賞典での”取りこぼし”につながりました。

武豊騎手の「大失態」で帝王賞(G1)主役アウォーディーの「評価」急落!? 地方競馬で”無双”を誇る天才騎手も「先週」のイメージ払拭できず……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!