NEW

モレイラやデム&ルメにも「負ける気がしない」!? 夏競馬の一大イベントWASJに地方代表として参戦する南関のホープ・中野省吾って何者?

【この記事のキーワード】, ,
モレイラやデム&ルメにも「負ける気がしない」!? 夏競馬の一大イベントWASJに地方代表として参戦する南関のホープ・中野省吾って何者?の画像1

 北海道開催の目玉と言えば、G1級の強豪が集まる札幌記念ともうひとつ、各国の騎手が一同に介するワールドオールスタージョッキーズ(以下、WASJ)がある。日本のトップジョッキーと世界のトップジョッキーが腕を競って熾烈なバトルを繰り広げる夏の風物詩だ。

 昨年は日本でもおなじみの雷神・モレイラ騎手やオーストラリア出身のC・ウィリアムズ騎手が参戦。優勝はJRAのデムーロ騎手がアッサリ持っていった。今年も当然ながら外国人騎手の腕前に注目……と思いきや、それ以上に気になる存在が出現したようだ。

 それは外国人騎手でもなければ、JRAの騎手でもない。なんと地方競馬の代表である。例年、地方からは予選のスーパージョッキーズトライアル(以下SJT)を勝ち抜いた1名の騎手が参加することになっているのだが、今年は6月22日にすでに終了。計4戦で合計ポイントの最も高かった船橋所属の中野省吾騎手(25)が参戦を決めている。

 この中野省吾騎手のどこがすごいのか。まず、予選の内容がずば抜けている。SJTが計4戦で行われるようになった2006年以降の歴代最高ポイントは2009年の的場文男騎手、2008年の菅原勲騎手が記録した56ポイントだったが、それを大幅に更新する75ポイントを叩き出した。

 4戦の着順は1着→2着→1着→1着とほとんどパーフェクトな成績。この記録を破るには4戦全勝する必要があるため、おそらく当分更新されることはあるまい。さらに付け足すと、それぞれのレースにおける騎乗馬の人気は5→7→5→4。決して馬に恵まれての勝利ではないのだ。

モレイラやデム&ルメにも「負ける気がしない」!? 夏競馬の一大イベントWASJに地方代表として参戦する南関のホープ・中野省吾って何者?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?