NEW

「0.1円も」低玉貸しパチンコが大好評! 「大衆娯楽」回帰へ、パチンコ界の救世主となるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoten.jpg

 かつて30兆円に達した市場規模も、ピークと言われる95年を境に右肩下がりの傾向が続いているパチンコ関連業界。「レジャー白書2016」では、2015年のパチンコ・パチスロの市場規模が約23.2兆円にまで縮小したと発表された。

 遊戯人口も大きく減少。平成の始めには遊戯人口約3,000万人と報じられたが、約1,000万人にまで減少したと言われている。「高い射幸性」が問題視され抑制する規制が強まったこともあり、遊技人口の減少に歯止めがきかない印象だ。

 厳しい状況にあるパチンコ業界に求められているのは「大衆娯楽への回帰」である。時間消費型娯楽という「パチンコ本来の姿」にあった遊技機の開発が重要視されている。

 そのような状況で注目を集めているのが「低玉貸しパチンコ」である。「お金を使わずに遊びたい」と考えるユーザーが多数存在する現代において、1円・0.5円・0.1円で遊戯できる「低玉貸しパチンコ」が好評を得ているのだ。

「0.1円も」低玉貸しパチンコが大好評! 「大衆娯楽」回帰へ、パチンコ界の救世主となるかのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!