NEW

「0.1円も」低玉貸しパチンコが大好評! 「大衆娯楽」回帰へ、パチンコ界の救世主となるか

【この記事のキーワード】

, ,


 店側としても「低玉貸しパチンコ」を設置するメリットはある。4円パチンコの稼働を上げることがベターなのは間違いないが、「低玉貸しパチンコ」があることによりユーザーの選択肢を増やすことへ繋げることができる。集客力を高めることが可能になるのだ。

 ただ一部のユーザーからは「4円じゃないなら打つ意味がない」「ぜんぜん儲けられないから時間の無駄」という声が上がっている。確かに交換率は店舗によって異なるものの、1円パチンコなら約1/4となってしまう。0.1円パチンコであれば2,000発獲得しても「100円」相当の景品にしか交換することができない。勝ち負けを重要視するユーザーが「物足りない」と考えることは当然だ。

 しかし、社会全体で考えるべきテーマとなっている「ギャンブル依存症」減少へ繋がることも十分に考えられる。射幸性が抑えられていることにより、過度なのめり込みによる「経済的破綻」や「悲惨な事件」へ発展する可能性は大きく下がるはずだ。

 自身のスタイルに合った遊戯を選択できる点も大きい。純粋に台を楽しみたいユーザーにとっては、低資金で安心して遊戯できるシステムは大歓迎のはずである。

 無理なく安心して遊ぶことが可能。そのような楽しみ方を提案できてこそ「大衆娯楽」と呼べるのではないか。

「0.1円も」低玉貸しパチンコが大好評! 「大衆娯楽」回帰へ、パチンコ界の救世主となるかのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!