NEW

『貴族探偵』最終話視聴率で最低更新!? 「キャスト垂れ流し」の意味は……

【この記事のキーワード】, ,
『貴族探偵』最終話視聴率で最低更新!? 「キャスト垂れ流し」の意味は......の画像1

 26日、フジテレビ系月9『貴族探偵』が最終話を迎える。相葉雅紀演じる貴族探偵が殺人犯なのかどうかが物語の焦点となっているようだが……。

 視聴率は初回こそ11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタ発進となったものの、その後は10話まで一度として2ケタに上がることはなく低空飛行を続けていた。最終回で2ケタ回帰となるのかどうなのか……。

「現状は相当に厳しいでしょうね。同ドラマといえば今クールでダントツの豪華キャストや毎回の豪華ゲストが話題となりましたが、逆にいえばそれだけしか話題にならず、むしろ視聴率が低く『ゲストの無駄遣い』『ゲストがかわいそう』という声ばかりが目立ちました。

最終回でもその状況に大きな変化はなく、話題にならず終わるかもしれません。ここでいきなりの2ケタ視聴率というイメージはなかなかできませんね。最低更新の可能性のほうが高い」(同)

 武井咲に仲間由紀恵や井川遥、松重豊などのキャストに広末涼子や加藤あいなどのゲストの面々。そうした「キャスティング攻勢」を仕掛けたものの、結果としてその点だけに力を入れている印象を与え、視聴者からの「攻撃対象」になってしまった印象だ。

 視聴者からは「キャストより内容」「内容に興味持てなければみない」というツッコミはもちろん「相葉雅紀が貴族は似合っていない」などそもそもミスキャストなのではないかという声もあるのだ。

 ただ、フジテレビとしてもこの『貴族探偵』はそうそうに見限っていたという声もある。

「1ケタ視聴率が続いた時点で、制作陣のやる気もなくなったという声は多い。30周年記念作品ではありましたがまさかの停滞で、早々と次の『コード・ブルー』に軸足を移したなんて話もありました。キャストを垂れ流しているだけというのも当たっていたということでしょうか。いずれにせよ『コード・ブルー』は注目度が非常に高いですし、なかったことにされてしまうかも……」(同)

 ココ最近、月9は毎度「なかったこと」にされているような気がしてならないが……。

『貴族探偵』最終話視聴率で最低更新!? 「キャスト垂れ流し」の意味は……のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • その他
  • 総合

関連記事