NEW

CBC賞(G3)でシャイニングレイが新たな顔を見せる!? 「未完の大器」真の姿に期待

【この記事のキーワード】, ,
CBC賞(G3)でシャイニングレイが新たな顔を見せる!? 「未完の大器」真の姿に期待の画像1※画像:シャイニングレイ 『JBISサーチ』より

 期待馬が、ついにその潜在能力にふさわしい舞台に復帰する。

 2014年ホープフルS(当時、G2)の覇者であるシャイニングレイ(牡5歳/栗東・高野友和厩舎)が、7月2日(日)に開催されるCBC賞(G3)に出走予定だ。

 シャイニングレイは2歳重賞を制し、早くからクラシック制覇の有力馬として期待されていた。だが歩様の乱れから皐月賞(G1)を回避。復活が待たれたが、その後競走馬にとって「最大の敵」ともいえる屈腱炎を発症してしまい、長期休養を強いられてしまう。その年のクラシックはドゥラメンテが皐月賞、日本ダービー(G1)の2冠を達成。残りのひとつである菊花賞(G1)はキタサンブラックが優勝を飾り、シャイニングレイは出走すらかなわず、無念の涙をのんだ。

 そしてシャイニングレイは約2年の休養を経て、今年の3月に仁川S(OP)で復帰。選ばれたレースは主戦場の芝ではなくダートだった。これは「脚もとのことを考えて」と高野調教師が「スポーツニッポン」の取材に対して明かしている。体調を考慮したこともあるだろうが、今後を占う試金石的な意味合いも含まれていたのだろう。

 そのレースでは北村友一騎手を背に走り、6着。長い休養、さらにダートだったことを考えればこの結果は度外視可能といえる。その後、芝へと戻ったシャイニングレイは福島民報杯(OP、芝/2000m)に出走。レースでは序盤から果敢に攻め、一時はハナを奪って逃げを打つも、第3コーナーで万事休す。力を使い果たし、直線に入るとズルズルと下がり14着と惨敗した。この結果を知り、復活は難しいと誰しもが感じたかもしれない。

 それでもシャイニングレイ陣営は諦めなかった。次走はこれまでの中長距離路線から変更し、1400mの安土城S(OP)に出走。6番人気だったシャイニングレイは、レースの中番は3番手につけ、前を行くライバルたちの様子をうかがう。そして、直線に入るとトウショウピストらを交わし、実に2年5カ月ぶりとなる勝利を手にした。

CBC賞(G3)でシャイニングレイが新たな顔を見せる!? 「未完の大器」真の姿に期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」