NEW

シルバーステートがキタサンブラックと激突!? 示した「圧倒的素質」

シルバーステートがキタサンブラックと激突!? 示した「圧倒的素質」の画像1

 サトノダイヤモンドらとともに昨年のクラシックを牽引するとまで称されたシルバーステート(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)。最強世代といわれた4歳勢「最後の大物」の素質がついに、土曜日の垂水Sで開花した。

 レースは好スタートを決めたシルバーステートがハナを切り、主導権を奪う。鞍上の福永祐一騎手も馬の力を信頼しきっているようで、道中は無駄な動きが一切ない。

 そのまま直線に入るもその脚は鈍ることなく、後続馬とは最大でリードは4馬身にも広がった。福永騎手は100mを通過する際に後続馬との距離を確認する余裕すら見せる。そのままゴール板を駆け抜けたシルバーステートは2着のエテルナミノルに1と1/2馬身差を付け、勝ちタイムは1分44秒5のコースレコードタイを記録。まさに絵に描いたような完勝だった。

 レース後、福永騎手は「ストライドの大きさの違いでハナに行く形になりました」と語り、さらに「直線ではずっと流す感じでしたし、このクラスのこのメンバーを相手に楽な競馬が出来たのは期待以上です」と相棒の能力を手放しで賞賛している。

 これで4戦連勝したシルバーステートは晴れてオープン入り。デビュー以来全5戦連対とほぼ完璧な成績を残している。さらに6月を機に本賞金が半額となり1000万下のレースに出走できる状況にもかかわらず、あえての格上挑戦となったこのレースも制したことで重賞制覇も夢ではなくなったように思える。

シルバーステートがキタサンブラックと激突!? 示した「圧倒的素質」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇