NEW

JRA場外馬券場の設置計画に大反対!? 「ギャンブル」と認識される競馬にとって厳しい状況は続く?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibajou0308xs.jpg

 競馬に対し「ギャンブル」としての側面を強くイメージする人間は、当然ながら多いようだ。

 大阪府泉佐野市のりんくうタウン駅ビルに、日本中央競馬会(JRA)の場外馬券場の設置が計画。この場外馬券場設置計画に、一部の市議が反発していると産経新聞のニュースサイト「産経WEST」が報じている。

 市側は「安定した家賃収入が見込める」「にぎわいができることで周囲への相乗効果も期待できる」などメリットを強調しているが、同市には場外舟券発売場も存在していることもあり、治安の悪化を懸念する声が上がっているようだ。

 過去にも茨城県などで反対運動が起こるなど、場外馬券場設置をめぐる騒動は繰り広げられてきた。

 海外では上流階級の人がたしなむ高貴なスポーツと認識されている競馬だが、日本では「ギャンブル的要素が強い」というイメージが染みついているのは間違いない。

JRA場外馬券場の設置計画に大反対!? 「ギャンブル」と認識される競馬にとって厳しい状況は続く?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!